葉酸サプリマガジン
> > 妊婦になったら気を付けたい添加物

妊婦になったら気を付けたい添加物

妊婦になったら気を付けたい添加物

日本では食品添加物についてとても厳しいと言われており、他の国に比べると安心できる国の一つです。
しかしそれでも絶対に安全だというものではなく、いろいろなトラブルを引き起こす可能性があります。
まして妊婦さんの場合は胎児への影響も危惧されているのです。

そのため添加物に対して不安を抱いている妊婦さんも多いのではないでしょうか。
そこでここでは妊婦と添加物についての関係について考えて行きたいと思います。

添加物とは

添加物は妊婦さんに良くないと言われても、現在添加物を避けることは不可能なほど、多くのものに使われています
添加物には食品に美味しそうな色をつける色素があります。

毒々しい色の物は現代の日本ではほとんどなく、逆にとてもナチュラルな色合いにするために色素を使っています。
味も色も統一性を持たせるために使われることもあるのです。

またドレッシングのように、とろみをつけるのも添加物の力となります
他にも低カロリーやカロリーゼロ商品が人気ですが、そんな中には人工甘味料などが使われているものが多いとも言われています。

  • 赤色系添加物
  • 緑色系添加物
  • 防かび剤添加物
  • 酸化防止剤添加物
  • 乳化剤添加物
  • 保存料添加物
  • 人工甘味料

など。
もちろんこれら一つひとつにいろいろな薬剤があるので、細かく表すと膨大な数になります。

特に注意したい添加物

添加物が含まれているものを挙げたら、それこそコンビニやスーパーで売っているもののほとんどかも知れません。
しかし特に加工品にはいろいろな添加物が入っているものが多いようです。

赤系色素添加物と緑系色素添加物

ハムやウインナーなどには保存料や赤系色素添加物が含まれています。
生のお肉でも輸入ものの方が、さまざまな添加物が添加されているだけでなく、餌にも配合されている可能性も。

赤系色素添加物は妊娠初期の染色体異常や発がん性のリスクが高くなります。
また清涼飲料水などには緑系や黄色系の色素添加物が、多く含まれていることが多いと言われていますが、緑系色素添加物は染色体異常や骨髄形成不全などのリスクがあると言われています。
輸入フルーツなどは、農薬以外にワックス剤や防かび剤も使われているので注意が必要です。

人工甘味料

また人工甘味料には、目の奇形、体重の減少、ポリープの発生、脳障害といったリスクが高くなります。
アイスクリームやケーキ、マーガリン、マヨネーズ、チョコレートに多く含まれているショ糖脂肪酸エステルも注意したい添加物で、保存料も奇形や染色体異常のリスクが高くなると言われています。

酸化防止剤

もちろん食品だけでなく化粧品、ボディーソープ、シャンプーなどにも含まれています。
そして妊娠初期のママさんに危険なのは、酸化防止剤のブチルヒドロキシアニソールや、プロピレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエンなどがあります。

特にジブチルヒドロキシトルエンについては、遺伝子を損傷させてしまったり、新生児無眼症のリスクが高いとも言われています。

防かび剤

オレンジやレモンなどの柑橘系食物のカビ発生を防ぐために使用されることの多い防カビ剤。
特にTBZ(チアベンダゾール)と呼ばれる防かび剤は毒性が強く、妊婦が摂取すると胎児に催奇形性の発症するリスクが高まると言われています。

添加物の摂取に注意したいのは妊娠初期

妊婦のイラストもちろん妊娠中はどの時期であっても、添加物に対しては注意すべきです。
しかし特に妊娠初期は赤ちゃんの内臓、脳、脊髄など体の中核とも言えるところがつくられる時期です。

この時期が一番影響を受けやすく、重大な障害、奇形などを発症する原因をつくってしまう時期と言われています。
特に妊娠初期である0週~3週頃は、実は女性が妊娠したと自覚がありません。

多くの女性は胸が張ってきたり、次の予定である生理がなかなかこないことで、妊娠に気づくわけです。

しかし実はもうその時期には、赤ちゃんの脳などは形成されつつある時期となります。
そのため妊娠する可能性がある人や妊活中の女性は、特に添加物には意識をすべきではないでしょうか。

妊活中の女性や妊婦の方は、色々な栄養素を補うために葉酸サプリなどを摂取している方も多いですが、これらにも添加物は使用されています。

添加物の摂取は避けられないため摂取する量に気を付けよう

はっきり言って添加物を徹底して避けるなら、材料から自分でつくる必要があるほど、現代社会では添加物は避けきれない状況にあります。
しかし添加物の含まれているものを一つ食べたからと言って、どうにかなってしまうというものではありません。
添加物は摂取する量がとても重要なのです。

国でもある程度の量なら、特に問題がないと考えられるものを認可しています。
逆に言うと、摂りすぎに関しては責任とれませんというものでも認可しているのです。

食品メーカーはその基準値を守り、安全な範囲の添加物量で一つの食品をつくります。
では、その食品を10人分食べたとしたら、その人の摂った添加物の量は安全圏を過ぎてしまうこともあるのです。

つまり、たくさん食べる人は多くの添加物を摂取してしまうことも忘れないようにしましょう。
そのため、無添加食品を選ぶことだけでなく、妊婦さんはできるだけ手作りのものを食べるという意識が大切ではないでしょうか。

例えば毎日コンビニ弁当だったものを、手作り弁当にするなどもいいでしょう。

しかし、あまり過度に神経質になってしまうことは、逆に別の意味で妊娠中には良くありません。
そこで極端に添加物を恐れずに、できるだけ避けるというスタンスを持つことが大切です。