葉酸サプリマガジン
> > 葉酸サプリは授乳期にも摂取すべき?母乳への効果とは?

葉酸サプリは授乳期にも摂取すべき?母乳への効果とは?

母乳育児のため授乳期に葉酸サプリを摂取すべき理由

「栄養たっぷりの母乳を出すにはどうしたらいいですか?」
「葉酸サプリを飲んだ方が母乳はたくさん出ますか?」

このような質問を頂くことがあります。
確かに母乳育児に憧れや理想を持つ方は少なくなく、実際母乳外来というものがあるほど母乳で悩んでいる方がいます。

そこでここでは改めて母乳育児のメリットや葉酸サプリを摂取することで母乳にどのような効果があるのかなどを紹介していきたいと思います。

初乳からしっかり栄養を摂っておく

出産後に初めて赤ちゃんに与える母乳を初乳と言います。
初乳は少し黄色みがあり、脂肪分・ミネラル、感染抑制作用のある“免疫グロブリンA”や“ラクトフェリン”などを含むたんぱく質が成分として含まれています。
母乳の成分は時間の経過とともに変化していき、出産2週間ほどで成乳となります。
成乳は初乳に比べて色が白く、母乳独自の香りと薄い甘みがあるだけでなく、ビフィズス菌の増加をサポートする“ビフィズス因子”やウイルスに対抗する抗体も持っています。

母乳育児によるメリット

まずは簡単に母乳育児のメリットを様々な角度から知っておきましょう。
メリットを知っておくことで母乳育児がスムーズになるはずです。

栄養面

健康な赤ちゃん母乳は赤ちゃんのカラダにとって何よりも優しい栄養と言われています。
ミルクなどに比べると消化酵素が多く含まれているので消化吸収が早く、赤ちゃんのカラダの負担は少なくて済みます。
赤ちゃんの成長に必要なカルシウムやビタミンといった様々な栄養素がバランスよく含まれているのです。
またママの母乳には脳の成長を助けるアミノ酸が多く含まれているのも特徴です。

免疫面

免疫力の高い赤ちゃん赤ちゃんが母乳を飲むことにより免疫力が高くなると言われています。
それは母乳から送られたビフィズス菌が圧倒的に優位になり他の病原菌からの侵入や増殖を防ぐからです。
消化器系の病気だけでなく、インフルエンザなどの感染症や呼吸器系の病気に対しても免疫がつき中耳炎にもなりにくく、発症したとしても治りやすい体質になります。

経済面

母乳育児をした場合は家計にも優しいのは確かです。
ミルクを飲む場合はミルクの粉だけでなく、消毒用の備品なども常に買い続けなければいけません。ゴム乳首も同様に定期的な買い替えが必要です。
また調乳用のミネラルウォーターなどを購入するとなるとさらにコストは上がってしまいます。これを一日に何度も繰り返すと、トータル的に数万円と痛手の出費に。

母体面

子宮収縮を促すため産後の体の回復スピードを上げます。授乳を終えると骨の密度が上昇するため骨が丈夫になることも。
また、長期で授乳した女性は閉経前の乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの発症リスクも低減させるとも言われています。

心理面

母乳を上げている時間というのはもっとも自然な赤ちゃんとのふれあいの時間の1つで、信頼関係が生まれる時間でもあります。赤ちゃんとのコミュニケーションやスキンシップにもなり、母子の一体感を味わえます。

葉酸サプリが母乳に与える効果

先生上記の通り母乳育児をする場合は様々なメリットがありますが、そこで大事なのでは良質な母乳を出す体質をつくること。
葉酸サプリは授乳期のママにも必要な栄養素がしっかり配合されているため、妊娠中から飲んでいた方は出産後も、まだ飲んだことのない方は今からでも摂取しておくことをおすすめします。

造血作用で母乳を増量と貧血予防

貧血の女性ママが体内で母乳をつくるためにはたくさんの血液が必要です。そのために「葉酸」を摂取してあげましょう。
葉酸はビタミンB12と協調することにより高い造血作用が生まれます。

この授乳期に葉酸が欠乏してしまうと赤血球の生成がうまく行われず、貧血を起こしてしまう可能性もあります。
貧血予防サプリメントとしても葉酸は効果的」という記事でも解説していますが、まずは母乳をしっかりつくれる体にすることが大切です。

栄養たっぷりの質の良い母乳に

葉酸サプリには葉酸だけでなくビタミン・ミネラル・アミノ酸・鉄分といった様々な栄養素を配合しているものもあります。
ママの母乳の質は赤ちゃんの発育にも大きく影響するため、普段から栄養不足にならないようにしておくことが大事です。

メーカーにもよりますが、ベルタ葉酸ママニック葉酸などの葉酸サプリの成分にはホルモン分泌を正常化させるビタミンEが配合されているものもあります。
ビタミンEは母乳の分泌に必要と言われるプロラクチン・オキシトシンといったホルモンを活性化させ、乳腺の血流を良くするため、良質な母乳が生成されるのです。

また、栄養をしっかり摂取するというのはママの体のコンディションを整えるためにも役立ちます。子育てで毎日忙しいママはどうしても栄養不足になりがちです。

産後うつも予防

出産後は妊娠という一大イベントを終え、ホルモンバランスが乱れマタニティーブルー産後うつにもなりやすい時期です。
たんぱく質は脳の中の神経伝達物質の主材料なので葉酸サプリでたんぱく質もしっかり摂取してあげることにより産後うつの予防もできると言われています。

上記のように葉酸サプリは産後も積極的に摂取してほしい栄養素です。

良い母乳育児をするためにもまずはママ自身の体を健康にしてあげてくださいね。