葉酸サプリマガジン
> > 葉酸を摂取してダウン症などの染色体異常予防を

葉酸を摂取してダウン症などの染色体異常予防を

葉酸を摂取してダウン症などの染色体異常予防

「生まれて来る赤ちゃんには健康体で生まれて来てほしい」

妊娠中の夫婦であれば誰もが願うことですが、染色体異常などを持って生まれてくる赤ちゃんも少なくはありません。
特に高齢で妊娠中の夫婦は染色体異常を持った赤ちゃんが生まれて来る可能性が高いとも言われています。

そこで染色体異常のリスクを低減させるために葉酸の摂取が厚生労働省を中心に推奨されています。
ここではその染色体異常のことや葉酸の必要性について改めて解説していきたいと思います。

染色体異常の種類と原因

人間の体は多くの細胞から生成されているわけですが、その一つ一つに23対46本の染色体というものが存在します。
その染色体には母親と父親の遺伝情報が多く含まれていて、それにより成長や発育といったところに関係してきます。

1~22番目を「常染色体」、23番目を「性染色体」と呼び、性別などを決める働きなどを持ちます。
このような構造に異常が発生することを染色体異常と呼びます。

ダウン症(21 トリソミー)

染色体異常でもっとも有名なのが「ダウン症」で21 トリソミーとも呼ばれます。
ダウン症は主に高齢出産(特に母親の高齢)で生まれて来た赤ちゃんに多いと知られています。

突然変異により21番目の染色体が1本多く生まれ、赤ちゃんの成長と共に顔つきや表情、知的障害、全身の発育障害などの症状が現れ始めます。
700人に1人の割合で生まれて来ると言われていますが、その症状は生まれて来るまではわかりません。

エドワーズ症候群(18トリソミー)

ダウン症の次に有名な染色体異常がこのエドワーズ症候群で(18トリソミー)とも呼ばれています。
18番目の染色体が1本多く生まれ、小頭・後頭部突出などの成長障害、呼吸障害、心疾患と言った症状が特徴的で、5000人に1人の割合で生まれて来ると言われています。

エドワーズ症候群が発症してしまうと赤ちゃんの生存率は低く、約9割の赤ちゃんは生後数か月~1年ほどで亡くなってしまいます。生存できたとしても歩行や会話に障害があることがほとんどです。

パトー症候群(13トリソミー)

前述した2つよりは知られていませんが、13番目の染色体が1本多く生まれることをパトー症候群(13トリソミー)と呼びます。
主に口唇裂・口蓋裂・頭皮部分欠損などの成長障害、呼吸障害、心疾患などの障害を持っており、16000人に1人の割合で生まれて来ると言われています。

パトー症候群が発症してしまうと生後1ヶ月以内に約5割の赤ちゃんが、1年以内に約9割の赤ちゃんが亡くなってしまいます
妊娠初期の自然流産の2.6%がこのパトー症候群であるということも言われています。

ダウン症などの染色体異常は治療できるの?

残念ながらダウン症・エドワーズ症候群・パトー症候群などの染色体異常には治療方法はなく、発症後の改善は見込めません。
また、100%予防するといった方法もありません。

ただし染色体異常の発症する確率を低くさせることはできます。それが

  • できるだけ若い年齢で妊娠する
  • 生活環境を乱さない
  • 体内から葉酸を欠乏させない

といった方法が染色体異常のリスクを低減させる方法です。

1歳でも若いうちに妊娠することが一番いいのですが、女性の環境やタイミングなどもあり、年齢の問題はそううまくはいきません。

そこでできることは飲酒・喫煙・ストレス環境を無くすといった生活環境を整えることと、葉酸などの栄養素を摂取して体質を整えることが重要になってきます。

なぜ葉酸が染色体異常を低減させるのか

近年先天性異常や染色体異常を予防するために葉酸サプリを摂取しようという動きが広がっていますが、なぜ多く方が葉酸サプリを摂取しているのか…
その理由が

医師の専門書ランセットが葉酸がダウン症予防に効果があると発表
葉酸サプリに配合されているビタミンEが卵子の老化を予防できる
精子を元気にするための栄養素として葉酸が注目

などなどが上げられます。
アメリカやイギリスなどは日本よりも先に妊婦さんへ葉酸の摂取を呼び掛けており、その影響もあり染色体異常の発生確率が10分の1になったとされています。

葉酸サプリは卵子と精子にも大きく影響しているため、そういった効果が染色体異常の発症リスクを低減させる理由です。(下記記事参考)

繰り返しになりますが染色体異常は治療方法がありません。
健康的な赤ちゃんに出会うためにも、まずは今できる準備をしっかりしておくことが大切です!