葉酸サプリマガジン
> > 食生活から見直す不妊対策とは

食生活から見直す不妊対策とは

食生活から見直す不妊対策とは

妊娠を希望しているのになかなか妊娠しないカップルや夫婦は珍しくありません。
産婦人科で念のために検査してみても特に男女とも何も問題がないということも中にはあります。
そんな時には不妊改善のために夫婦で食生活を見直すことも大切です。

不妊と食事の関係

妊娠したいと考えてから1年以上赤ちゃんができなかったら不妊という診断が下ります。それでも特にはっきりした原因が分からないということも。
そんな時には食事内容や食生活が大きな影響を与えているということもあるので是非普段の食事を見直してみましょう。

栄養バランスの乱れは冷え体質や貧血になる

栄養のバランスが良い食事は、妊娠のために重要なことがたくさんあります。
男性も女性も栄養のバランスの悪い食事をしていると、妊娠体質する栄養素を十分に体内に送ることができず冷え体質や貧血の原因になってしまいます
特に女性の場合、血のめぐりが悪いと妊娠を妨げてしまうため、できるだけ早めに改善しておくことが大切です。

生殖機能への悪影響

栄養バランスの乱れは体質だけでなく、生殖機能の低下にも影響します。
そのため、男性は精子、女性は卵子の質が悪くなることで妊娠しにくくなります。

精子と卵子の状態が不完全だと仮に受精しても着床しなかったり、その後すぐに流産してしまうことも少なくありません。
つまり、妊娠するために、そして健康な赤ちゃんを出産するためには、夫婦同時に食生活を改善することが大切になります。

特に男性は外食が多くなったり、仕事などで帰宅するのが夜遅くなったりと生活が不規則になりがちです。
しかし、不摂生は妊娠の最大の敵とも言われているため、妊活中の方や妊活を考えている方は意識して改善していくようにしましょう。

不妊対策におすすめの栄養成分

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸はご存じのとおり、悪玉コレステロールを減らして免疫アップにも効果があり、妊娠しやすくするためには必要と言われています。
人体内では産生することはできないので、食事からの摂取となります。不飽和脂肪酸はオリーブオイル、べにばな油、ゴマ油、エゴマ油などの植物由来の油がおすすめです。

植物性タンパク質

動物性タンパク質が多い欧米型の食事から、植物タンパク質を十分摂ることのできる和食を食べるように意識しましょう。
コレステロールが低いため動脈硬化などの予防にもなります。
そして、疲労回復にはアミノ酸摂取を促進し、ホルモンバランスの調整にも働いてくれます。

また、妊娠してからも糖尿病や高血圧などの予防にもなります。他にも胎児は良質なアミノ酸がとても重要です。
そのため、妊娠しにくい女性も男性も植物性タンパク質を積極的に摂るようにしましょう。
例えば納豆や湯葉、きな粉、豆乳、豆腐などの大豆製品や、アーモンド、カシューナッツ、落花生なども適量摂取すると良いとのことです。

葉酸などビタミンB群、亜鉛、鉄分、カルシウム

妊娠するまでの精子や卵子が正常に産生されるためにも、“葉酸などのビタミンB群、亜鉛、鉄分、カルシウム”のビタミンは重要と言われています。
特に葉酸に関しては厚生労働省も推奨しており、葉酸(ビタミンB9)を妊娠3カ月前から摂取することで、胎児の先天性の異常流産の原因が大きく抑えられるとも言われています。
ビタミンB群は胎児の神経や脳の成長には欠かせない栄養素です。

そして、亜鉛は卵胞の成熟に影響を与え、受精卵の分割を正常に行うための栄養素なのです。
鉄分やビタミンB群、葉酸は血液を大量に作ることにも大きく関係していると言われていますが、妊娠のためには絶対に欠かせない栄養素なのです。

ビタミンB群や葉酸(ビタミンB9)などは、レバーやウナギにもたっぷり含まれていますが、摂りすぎないことが重要です。
>>葉酸が多く含まれている食材について

緑黄野菜は過剰摂取による体調不良は起きにくいと言われているため、できるだけ多く摂取するように心掛けるといいでしょう。
鉄分や亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、アサリなどに多く含まれています。

以上のことを意識して、不妊改善のために食事から改善していくことをおすすめします。
食事で摂取することが難しい場合は葉酸サプリなどで栄養を補うことも大切です。

>>不妊症の治療・改善としても葉酸サプリは効果的

妊娠力を高めるお茶

食事の時に一緒にお茶を飲む人も多いかと思いますが、妊娠力を高めるお茶もいくつか紹介したいと思います。

緑茶

身近な飲み物の1つですが、ビタミンCが豊富なため抗酸化作用に働きます。
フラボノイドやフッ素なども含まれているため、健康的なカラダを保ちます。

ドクダミ茶

豊富なフラボノイドを含むため血液浄化作用や便秘改善に働きます。
腸内環境を整えることで栄養をカラダに吸収しやすくします。

ハトムギ茶

CMなどでよく耳にすることの多いお茶ですが、ハトムギ茶は滋養強壮や新陳代謝の促進などに働きます。
また、利尿作用などにも優れていると言われています。

食べ過ぎず理想体型を保とう

女性の肥満はホルモンサイクルを乱し排卵障害などを引き起こす可能性があるため、食べ過ぎには注意が必要です。
男性の場合も同様で、男性肥満は体内の女性ホルモン量を増やしてしまうため、精子の運動能力低下に繋がってしまう可能性もあります。

また、痩せ過ぎの方は生理不順や貧血体質であることが多く、着床障害を引き起こす原因にもなります。

過度な肥満や痩せ過ぎには注意し、理想的な体型を保つことで妊娠しやすい体づくりを心掛けていきましょう。