葉酸サプリマガジン
> > グレープフルーツの葉酸含有量とサプリの必要性

グレープフルーツの葉酸含有量とサプリの必要性

グレープフルーツの葉酸含有量とサプリの必要性

「葉酸を摂取した方がいいと聞いたのですが、グレープフルーツを食べれば良いですか?」
「グレープフルーツと葉酸サプリを一緒に摂った場合過剰摂取になりますか?」
「グレープフルーツに含まれている葉酸ってどれくらいですか?」

といったグレープフルーツと葉酸に関する様々な質問をいただくことは多いです。
確かにグレープフルーツを摂取して体内の葉酸を補うということも間違いではありませんが、葉酸は水溶性ビタミンのためなかなか吸収されにくいビタミンでもあります。

ここではグレープフルーツに含まれている葉酸についてとサプリメントでの摂取の必要性について解説していきたいと思います。

グレープフルーツに含まれている葉酸の量とは

グレープフルーツ1個(※200gと仮定して)には約30㎍の葉酸が含有されています。

妊婦さんに推奨されている葉酸の1日の摂取量400㎍と言われているため、その約13分の1にあたることになります。

逆を言えばグレープフルーツだけで400㎍を補おうとすると13個のグレープフルーツを食べなければいけないということになり、少々常識を超える量になってしまうためおすすめできません。

グレープフルーツジュースならどうか?

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースだったとしても同じです。
むしろ100%ジュースだったとしてもジュースに加工する段階で生の食材本来の栄養素を失ってしまうため、生のグレープフルーツほどの葉酸は配合されていないと言っていいでしょう。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富

グレープフルーツは葉酸よりもビタミンCが豊富に含まれています。
グレープフルーツ1個には約75mgほどのビタミンCが含まれているため、妊婦の推奨量である110mgの約7割分を摂取することができます。
ビタミンCは抗酸化作用が高く、免疫力を高め健康的なカラダをつくる働きをするため、葉酸と同様に積極的に補いたい栄養素です。

厚生労働省はサプリメントで葉酸の摂取を推奨している

葉酸サプリメントとは?~厚生労働省も推奨の妊娠サプリ~でも解説しましたが、厚生労働省は生の食材からではなく、サプリメントでの葉酸の摂取を推奨しています。
水溶性ビタミンはどうしても水や熱に弱いため、食事から補うのは難しいと言われています。
そこでサプリメントに加工したものであれば体内への吸収率も良く、葉酸の効果をしっかり発揮できることができます。

グレープフルーツと葉酸サプリの飲み合わせは問題ない?

先生よく薬とグレープフルーツは一緒に摂取しない方がいいと言うことを聞くと思いますが、それはグレープフルーツが薬の効果を必要以上に高めてしまうからです。
しかし葉酸サプリメントはあくまで健康食品であり医薬品ではないため、葉酸サプリ自体の効果には大きく影響はしません。

葉酸の過剰摂取にはならない?

確かに葉酸の過剰摂取には気を付けたいところではありますが、基本的に葉酸の1日の摂取上限量は1000㎍です。

仮にサプリメントの規定の用量を飲んだとしても400㎍。そこでグレープフルーツを1日1個食べたとしても430㎍です。
1000㎍には程遠いため、常識を超えた量を摂取しない限りはあまり心配することはないレベルと言えます。

また、前述した通り葉酸やビタミンCは水溶性ビタミンのため体内に多く摂取してしまった分は尿となって体外へ排出されるため大きな問題はないです。

葉酸は赤ちゃんのだけでなく自身の健康にもつながるため、是非積極的に摂取するようにしましょう!