葉酸サプリマガジン
> > 排卵誘発剤タイミング法のリスクや効果

排卵誘発剤タイミング法のリスクや効果

排卵誘発剤タイミング法のリスクや効果

妊娠をする上で排卵は重要なポイントであり、この排卵がうまくいかないと妊娠には至りません。
そこで不妊治療を行う場合、排卵誘発剤を使用することもあります。
ここでは排卵誘発剤のリスクや注射の種類などまとめてみました。排卵誘発剤はどのようなものか簡単にまとめてみましょう。

自然周期のタイミング法

自然周期で行うタイミング法は、医師が排卵日を予想してタイミングを図ってくれます。いわゆる今がチャンスというタイミングを教えてくれるものです。
非常にシンプルな方法ですが、この方法で妊娠できた方も少なくありません。

排卵誘発剤を使用するタイミング法

先生こちらは自然周期タイミング法と違い、排卵にトラブルがある場合は排卵誘発剤のタイミング治療を行うことに。
基礎体温のグラフなどの状態から無配卵や非卵障害の可能性があると考えられる場合や、排卵があっても低温期が長い人、自然周期タイミング法で効果が出ないときなどに行うと言われています。

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤には飲み薬注射があります。状況によって選ぶことにもなりますが、その基準は医師が選択するので、その医師の考え方にもよるようです。

注射の方が効き目は強いことは確かですが、原則として必要以上な薬剤を使わないということから、最初に飲み薬で試してから注射へ移行する場合が多いようです。
また、妊婦の年齢が高くなると直接注射ということもあるようです。しかしリスクもあるので医師も使うことには慎重になると言われています。

注射の種類

卵胞を育てるためにはhMG注射を使用します。これは生理が始ってから医師の指定する日に打ち、投与量によって卵胞の数をコントロールできます。

そしてもっと確実に排卵させるためにはhCG注射があります。
卵胞がしっかり育ったことをエコーで確認した上で、注射を打つことになります。
2日~3日で排卵が起こると言われていますので、そのタイミングに受精をするようにします。

排卵誘発剤注射のリスク

注射を打つ場合は自宅で自己注射を打つ場合以外、通院が必要になるというリスクがあります。
また、脳への働きかける飲み薬に対して、注射の場合は直接卵巣に働きかけるというものです。薬によって強制的に排卵をさせるため、どうしてもリスクがあります。

卵巣の浮腫などが起こることもあり、重症になると腹部膨張感、腹痛、脱水症などが起こることも考えられます。
また血液凝固効果が強く出てしまうことも。

また3つ子、5つ子のように双子だけでなく、多児出産ということもあります。それでもいいと思う人もいるかも知れませんが、母胎に対するリスクもあります。
生まれた後に生活ができないという人もいます。そのため多児出産はリスクとなるのです。

多児の発生は普通の妊娠では1%未満ですが、排卵誘発剤飲み剤では5%、注射では20%と多くなります。
つまり5人に1人は双子以上の多児ということになるのです。これらのリスクも考えた上で排卵誘発剤を利用するようにしましょう。

サプリメントで体質の改善することもおすすめ

上記のように排卵誘発剤注射を使用することは少なからずリスクがあります。
そこでおすすめなのが葉酸サプリメントなどで体質自体を改善すること。
不妊症の治療・改善としても葉酸サプリは効果的」でも解説しましたが、葉酸サプリなどでビタミンを補ってあげることにより、妊娠しやすい体質へと改善してくれます。

また、卵子の老化を防ぎ元気な卵子にするためにも普段から体内に栄養を補って少しでも妊娠しやすい体質にしていくことが妊娠への近道です。
>>葉酸サプリは卵子の老化を防いで妊娠しやすくする