葉酸サプリマガジン
> > 過剰摂取に注意?葉酸サプリの1日の摂取量について

過剰摂取に注意?葉酸サプリの1日の摂取量について

葉酸サプリの1日の摂取量

生まれて来る赤ちゃんのために葉酸サプリを摂取する方が増えてきていますが、そこでよく質問をうけるのが

「葉酸サプリって1日にどれくらい飲めばいいですか?」
「過剰摂取すると何か悪影響がありますか?」

という内容です。
確かにいろんなサイトを見渡しても過剰摂取による副作用などの注意などが書かれているものもあるため、心配になってしまうのも無理はありません。
そこでここでは葉酸サプリの摂取量について詳しく解説していきたいと思います。

葉酸の1日に必要な摂取量とは

葉酸サプリはいつから摂取する?という記事では摂取期間について書きましたが、ここではまず1日に必要な葉酸の摂取量と推奨されている摂取量をまずは見てみましょう!

一般男性 一般女性 妊婦 授乳婦
必要量 200㎍ 200㎍ 400㎍ 280㎍
推奨量 240㎍ 240㎍ 440㎍ 340㎍

という数値になっています。
上記でわかる通り妊娠した女性や授乳中の女性に関しては一般の女性より多く摂取しなければいけません。

しかし葉酸は光と熱に弱いため、普段の食事からは摂取しにくい栄養素と言われています。
また、葉酸が有効に働くためにはビタミンB12が必要なため、いくら葉酸だけを摂取してもあまり効果は高まりません。

そこで吸収率の良いサプリメントで補う

葉酸と葉酸サプリの違いという記事でも書きましたが、葉酸サプリには葉酸だけでなく、ビタミンCやビタミンB群やビタミンAなど様々な栄養素が配合されています。
特に化学的に加工した合成葉酸は体内への吸収率も良いため、厚生労働省ではサプリメントによる摂取を推奨しているというわけです。

副作用が起きる?過剰摂取の噂の真相について

過剰摂取が心配葉酸サプリを大量に摂り過ぎてしまうと副作用が起きるという噂が流れています。
これは半分本当の話で、正確に言うと気を付けなければいけないのが葉酸サプリに配合されているであろう「ビタミンA」の摂取量のことです。

葉酸は水溶性ビタミンのため、仮に摂り過ぎてしまったとしても尿になって体外へ排出されるのですが、ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、肝臓やからだの脂肪組織に蓄積されるため摂取量には注意が必要です。
※こちらの記事で詳しく解説しています。
>>妊婦さんが気になるビタミンAの過剰摂取問題

葉酸も1000㎍以上の摂取は過剰摂取に…

葉酸自体も1000㎍を超えると過剰摂取になるとも言われています。
しかし、多くの葉酸サプリメーカーは用量を守って作ってあり、パッケージにも1日何粒飲めばいいのかは記載していますので、ビタミンAほど心配する必要はありません。
多く飲めば効果が高まるというものではないため、摂取量には気を付けましょう。

先生ちなみに食事から摂取する葉酸に関しては過剰摂取による体調不良は現在報告されていません。サプリメントで葉酸を摂取する場合の上限値は12~29歳までが900㎍、30~69歳までが1000㎍と言われていますので覚えておきましょう。

葉酸サプリを摂取することによって不妊解消つわり軽減の効果があるとしていますが、例えば
「なかなか妊娠しないから」
「つわりが酷いから」
などと言って過剰摂取することは控え、用量を守って摂取するようにしましょう。

各葉酸サプリメーカーごとの摂取摂取量

葉酸サプリの各メーカーごとの推奨摂取量をまとめてみました。

サプリメーカー 1日のメーカー推奨摂取量 葉酸の合計摂取量
ベルタ葉酸 4粒 400㎍
AFC葉酸 4粒 400㎍
ママニック葉酸 4粒 400㎍
Lara Republic 4粒 400㎍
ベジママ 4粒 400㎍
ネイチャーメイド 2粒 400㎍
はぐくみ葉酸 3粒 400㎍

表にまとめてみると殆どの葉酸サプリメーカーは1粒あたり100㎍の葉酸を配合させていて、4粒摂取することで400㎍の摂取になることがわかります。
体調が悪いときや悪阻の時などを考えると
「飲むならなるべく少ない数の方が…」
と思ってしまいますが、例えばネイチャーメイドの葉酸に関しては栄養素が葉酸しか配合されていないため、他のビタミン、鉄、カルシウムなどを補うことを考えた場合、結局他のサプリも飲まなくてはいけないため、あまりおすすめできません。
>>ドラッグストアや薬局の葉酸サプリを選んではいけない理由

そのためベルタ葉酸などその4粒で妊娠に必要な栄養素をすべて補えるような葉酸サプリが人気があるのです。