葉酸サプリマガジン
> > イソフラボンは生理不順や無月経の改善に効果的

イソフラボンは生理不順や無月経の改善に効果的

イソフラボンは生理不順や無月経の改善に効果的

女性の生理関係のトラブルにはイソフラボンが良いと言われています。
特に生理不順や無月経の改善にも期待されています。

「イソフラボンってなぜ生理不順などに効果があるの?」
「不妊体質の改善にも効果がある?」
という声も多いため、ここではイソフラボンがどのような成分なのか、他にはどんな効果があるのかを解説しています。

イソフラボンとは?

イソフラボンは大豆に多く含まれているポリフェノールの1つで、大豆イソフラボンとも言われており、大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。
イソフラボンは大豆の「えぐみ」の原因物質として存在していますが、他の豆類にも含まれています。
その含有量は大豆一粒にたった0.2~0.3%程度と言われており、とても希少な成分です。

イソフラボンが多く含まれている部分

大豆に含まれているイソフラボンはとても少しですが、一番多く含有されているのが胚芽の部分です。
胚芽の含有量は大豆全体の約10倍も含有。

植物にとって芽や根になる胚芽は、最も重要な部分であり、植物性プラセンタとも言われているほどで、成長していく上で必要な、すべての栄養素が含まれているのです。
つまり生命力が集約した部分であり、動物で言えば胎盤(プラセンタ)と同様の部分と言えるでしょう。

ポリフェノールの重要性

ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦味・渋み・あくなどの成分で、抗酸化作用のある成分として活性酸素を除去することができ健康や美容には欠かせません

わたしたちは呼吸をするだけでもエネルギーを使い、それによって活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を傷付け、さまざま病気の原因にもなり、その上細胞を老化させてしまう物質です。

若いうちは体内で活性酸素を除去する酵素が作られるため、活性酸素を自分自身で除去することができます。
しかし加齢とともに活性酸素を除去する力が低下し、いろいろな植物から摂取することが重要なのです。

現代のイソフラボンの摂取量は低下している

大豆わたしたち日本人は長い間、和食の特徴である野菜や魚貝類、豆類、味噌、豆腐、醤油などの大豆食品をバランス良く摂取してきました。

しかし近年は肉中心の欧米の食生活に変化したことによって、大豆イソフラボン摂取量もどんどん低下しているのです。

イソフラボンには2種類ある

グリコシド型イソフラボン

グリコシド型イソフラボンとは、大豆に含まれているままの状態であり、イソフラボンに糖が合体した分子の大きい分子構造で、このままでは腸からの吸収は難しく、大半が排出してしまいます

アゴリコン型イソフラボン

アゴリコン型イソフラボンというのは、グリコシド型イソフラボンの分子が小さくなって吸収されやすい状態になったものを指します。

グリコシド型イソフラボンからアゴリコン型イソフラボンに変化するためには、特定の腸内細菌によって代謝される必要があるのです。
特定の腸内細菌が代謝することで、グリコシド型イソフラボンの分子から糖が外されています。

アゴリコン型イソフラボンとグリコシド型イソフラボン
画像引用元:http://isolacom.jp/landing/isolacom3/

しかしこの一定の腸内細菌は、腸内に存在している人としていない人がいるのです。
特に日本人は昔から大豆をよく食べてきたこともあるようですが、世界的に見るとその率はとても高く約50%。
つまり2人に1人がこの腸内細菌を持っていますが、持っていない人も同じだけいるということなのです。

そのため、イソフラボンサプリの多くはアゴリコ型イソフラボンの形となっているので、誰でも安心して吸収されるイソフラボンを摂取することができるのです。

イソフラボンの主な働き

ホルモンバランスを整えて生理不順などを改善

卵巣生理不順に悩む女性は意外と多くいますが、思春期の生理不順はまだホルモン分泌が不安定であり、卵巣機能が未熟だという原因がほとんど。
この場合は時間とともに改善されていきます。

しかし、ホルモンが安定した年齢でも生理不順は多くの女性に起こっているのです。
大きな原因の1つとして、ストレスがあると言われていますが、人間関係や仕事などによる精神的なストレス、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、激しいスポーツ、ダイエット、疲労など肉体的ストレスなどさまざま。

ストレスは自律神経を崩し、自律神経と連携しているホルモンバランスも崩すため、生理不順が起こると言われています。
ストレスによるホルモンバランスのトラブルの場合、ほとんどエストロゲンの減少が原因です。

イソフラボンの分子構造はエストロゲンの分子構造に酷似しているため、植物性エストロゲンとも言われており、同じような働きをするため、エストロゲン補充したような作用が期待できるのです。

そのため、生理不順が気になったときには生活リズムや食生活を見直した上で、イソフラボンをしっかり摂取することがおすすめです。
また無月経もエストロゲンの減少による原因の場合もあり、その場合大豆イソフラボンを摂取することで、よりよい方向に進むとも言われています。

血行を促進して冷え体質の改善

冷え性の人大豆に多く含まれているイソフラボンは、赤血球の粘度を抑制する働きがあり、赤血球同士がくっつきにくくなり血液サラサラ効果があるのです。

それによって末端血管まで血液が行き渡るため、血行も良くなり、冷え症も改善されます。
冷え症は冷えとは違い、温かい環境でも体の中は冷え切ってしまっているという状態で、ただ温かい物を羽織って改善するものではなく、根本的に血流が改善されなければ冷え症体質は治りません。

そのため、イソフラボンの血液サラサラ効果こそ改善が期待できるのです。

抗酸化作用によるアンチエイジング効果

肌を気にする女性イソフラボンはポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化パワーが期待できます。
活性酸素は細胞の老化を招き、体中さまざまなところのトラブルの原因担ってしまう物質です。

特に活性酸素がたまった体は細胞が老化し、修復力や再生力も低下していきます。
体のサビとも言われている活性酸素ですが、エネルギーを使うと発生してしまうため、呼吸しているだけでもたまってしまう物質です。
そのため、強力な抗酸化パワーを持ったイソフラボンはアンチエイジングにも欠かせないのです。

また、加齢によるエストロゲンの減少はコラーゲンなどの体内生成を低下させてしまいます。
加齢によって肌細胞内のコラーゲンなども減少し、シワやたるみを増やしてしまいますが、イソフラボンはエストロゲンとしての働きがあるため、コラーゲンなど美肌成分の体内生成を促進させることができます。

受精卵の着床力を上げて不妊体質の改善

妊活をしている人にとって、受精卵の着床はとても重要なことです。
卵子と精子がせっかく受精しても、着床できずに妊娠できない人も結構多いと言われています。

女性の体は排卵が終わると受精卵が着床できるように、いわゆる胎児のベッドとも言える、厚くし粘度の高い子宮粘膜を作るのです。

受精卵が着床しなかった場合は、それらがすべて排出されて、血液とともに生理というかたちで排出されます。
しかし子宮粘膜が薄かったり、粘着性に欠けていると、受精卵してもなかなか着床できません。

もし着床しても、しっかりしたベッドでないため途中で剥がれてしまうこともあり、そうなると流産してしまうことにもつながります。
そのため、着床しやすいしっかりしたベッドを作ることはとても重要なのです。

第56回「日本生殖医学会」では、東大の産婦人科学教室によって、受精卵の着床に必要なサイトカイン、LIF(白血病阻害因子)の分泌を促進する働きが、アグリコン型イソフラボンに含まれているという研究結果も発表されています。
そのことからもイソフラボンには、着床率を高める働きがあることが判明しました。

更年期症状の改善

特に女性の更年期の症状は、エストロゲンが閉経に向かって急激に減少することによって、その状態に付いていけない体の悲鳴とも言えます。
しかしエストロゲンが低下するのは自然の摂理であり、避けることはできません。

急激にホルモンバランスが乱れてしまう更年期には、体がそれに慣れるまでは自律神経も乱れ、更年期特有の症状に苦しむことにもなるのです。
あまりにも辛いときには、エストロゲン補充治療を受けることもできます。

しかしホルモン治療は副作用の不安などにより、あまり行いたくないという女性も多いのが現実。
そこでエストロゲンの代わりにイソフラボンを摂取し、エストロゲンの急減を和らげることができます。
それによって体も早く慣れ、更年期障害なども減少していくのです。

そして更年期以降も当然エストロゲン分泌は低下するため、イソフラボンをずっと飲み続けることで、老化ゆるやかにしていくことができます。

イソフラボンを摂取できる食品

豆腐、味噌、納豆、豆乳、きなこ、おから、湯葉など、いろいろな大豆食品。
また、大豆以外の豆類や葛の根っ子の部分などにも含まれています。

実際に含有している目安量は以下の通りです。

納豆 1パック(50g) :65.0mg
大豆飲料 125ml:69.0mg
豆腐 1/2丁(110g) :55.0mg
油揚げ 1/2枚(75g) :52.5mg
大豆煮 50g:30.0mg
きな粉 おおさじ1(6g):15.6mg
みそ おおさじ1(18g):7.2mg

相性の良い栄養素

ビタミンC

レモン・グレープフルーツ・オレンジビタミンCはイソフラボンと同様に抗酸化作用を持ち、シミ予防効果も高く、美肌効果も高いビタミンとしても知られています。
また、ビタミンCには美肌成分とも言われており、コラーゲンの体内生成を促進する働きもあるのです。

イソフラボンもエストロゲンと同じような働きがあり、コラーゲンの体内生成を促進します。
そのためイソフラボンと一緒に摂ると、より効果を高め合う相性の良いビタミンと言えるのです。

カルシウム

特に更年期などはエストロゲンが低下することによって、骨の破骨細胞のバランスが崩れ、骨がスカスカになりやすいと言われています。
いわゆる女性は閉経頃から骨粗鬆症が発症すると言われているのです。

エストロゲンの代わりに働いてくれるイソフラボンは、骨密度の低下を抑制する働きがあります。
そのためカルシウムと一緒に摂取すれば、より骨粗鬆症予防になるのです。

イソフラボンはサプリで効率良く摂取するのがおすすめ

イソフラボンを摂取するためには、大豆製品をしっかり摂る必要があります。
とは言っても大豆製品ばかり食べているわけにはいきません
特にしっかり効果を感じるためには、ある程度の量も必要となります。

そこでイソフラボンはサプリで効率良く摂取することがおすすめなのです。

イソフラボンを吸収率の高いかたちにするには、特別な腸内細菌が必要ですが、日本人の場合50%の人の腸内にはその腸内細菌は住んでいません。
その上、もし住んでいたとしても腸内環境が良くない場合は、それらの細菌も活発には活動できないはず。

しかし、サプリメントでの摂取なら吸収しやすい形になっているため、特に腸内細菌がいなくても、腸内環境が良い状態でなくても大丈夫。

ママナチュレ葉酸サプリなど、最近は妊活サプリとして人気の葉酸サプリメントにもイソフラボンが配合されているものもあるため、そういったアイテムを積極的に利用してみましょう。