葉酸サプリマガジン
> > 妊娠中に乳酸菌を摂取するメリット!アレルギーは予防できる?

妊娠中に乳酸菌を摂取するメリット!アレルギーは予防できる?

乳酸菌を摂取するメリット!

腸内環境の研究が進んでいる現在、健康のすべては腸内環境にあると言えるほど、腸内環境の状況は健康の多くを司っているのです。

そんな腸内環境を整えるために、乳酸菌がしっかり働いてくれます。
妊娠中にも乳酸菌による大きなメリットがあると言われており、アレルギー予防や免疫力アップなど他にも嬉しい効果がたくさんあるのです。
ここでは乳酸菌の効果効能や摂取目安量などについて詳しく解説しています。

乳酸菌とは?

乳酸菌糖類を発酵し、乳酸を代謝する細菌を乳酸菌と言い、自然界に多く存在しています。
「ブドウ糖(グルコース)を分解し、代謝物の50%以上が乳酸であること」や「形状が棒状や円柱状で桿菌や球菌であること」。
また、「グラム染色によって陽性反応となること」や「毒性を代謝しないこと」などが条件となります。

人や動物の腸内に存在していたり、乳製品の中のみ生存できる動物性乳酸菌や、空気や酸、塩、熱などにも強い、漬け物などに多く含まれる植物性乳酸菌などがあります。

種類は今発見されているだけでも200種類以上はありますが、その中でも強くて優秀な乳酸菌はメーカーの研究室などで発見され、いろいろな商品に使用されています。

乳酸菌の効果効能

便秘解消や腸内環境を整える

乳酸菌は腸内細菌の中でも、善玉菌と言われている細菌の1つです。
もともと人間の腸内にはビフィズス菌という善玉菌がたくさん存在しており、赤ちゃんの腸内には99%ものビフィズス菌が存在しています。

しかし年齢とともに低下していき、60歳にはなんと約1%になってしまうのが現状です。
善玉菌の力を高め、悪玉菌を減らし、腸内環境を良い状態にするためには、年齢が高くなるほど腸内環境ケアが必要になるのです。

乳酸菌は腸内に数日間住み続けて、悪玉菌の苦手な乳酸を代謝して悪玉菌を減少させ、善玉菌を増強させることができるのです。
悪玉菌が減少すると、腸内には善玉菌が増え、腸の蠕動運動も活発になり便秘解消にもつながります。

善玉菌と悪玉菌

また、悪玉菌からの毒素の発生も少なくなるので、腸内でのさまざまな健康機能が活性化されるのです。
妊娠中には便秘になりやすいため、腸内環境を高める乳酸菌はとても大切といえるでしょう。

免疫力を高めてアレルギー症状の抑制

アレルギーの女性人間の体内には、ナチュラル・キラー細胞、マクロファージ、好中球、T細胞やB細胞など、いろいろな種類の免疫細胞があります。

これらの免疫細胞は外敵が侵入してきた異物、細菌、ウイルスや、体内発生したガン細胞をチェックし、わたしたちを外敵などから守ってくれるのです。

体内にはいろいろな免疫細胞が存在しますが、特に多く60%~70%も集中しているのが腸内と言われています
食べ物の多くが吸収される場所であり、多くの外敵が腸内に集まるため、腸には免疫細胞が集中しているわけです。

そのため、腸内環境が悪化していると免疫細胞も活発に働くことができなくなってしまうことから、腸内環境が大切になるのです。

腸の上皮細胞には、10種類ほどのトル様受容体が存在していると言われており、それぞれ受容するものは限定されます。

その中でもビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌と結合することで、細胞内に信号が送られ免疫細胞がスタンバイされるのです。
このメカニズムこそ免疫力を強くすることにつながります。

妊婦はできるだけ健康でいたいものです。風邪をひいても薬はあまり使いたくありません。
そこで免疫アップは、妊婦のためにも嬉しい効果なのです。

また、赤ちゃんのアレルギー予防にも、妊娠中から乳酸菌を摂取すると良いと言われています。

冷え体質の改善

乳酸菌は腸内環境を良い状態にしていく効果があります。
それによって腸の蠕動運動が活発になり、吸収力も高まり、代謝を高めることができるのです。
そのため、乳酸菌は冷え症体質まで改善することも期待されています。

ただし、動物性乳酸菌は乳製品から摂取することになり、体を冷やすことにもなるため、できれば植物性乳酸菌やサプリからの乳酸菌摂取がおすすめです。

妊娠中の冷えは大敵です。
基礎体温を高めるためにもおすすめです。

ストレスの緩和

考えている女性のイラストストレスを受けると、胃が痛くなったりお腹が痛くなったりすることがあります。
また、ストレスによって便秘になったり、下痢をすることもあるのではないでしょうか。

実はストレスと胃腸はとても密接に関係していて、そこには脳腸相関が作用しているのです。

腸内にはストレスを抑制する幸せホルモンとも言われている、神経伝達ホルモンであるセロトニンの前駆体が90%も腸内に存在しています。

もちろんセロトニンなど神経伝達ホルモンのコントロールは脳で行われますが、実際に作られるのは腸内。
つまり腸内環境が悪化していると、セロトニンの分泌に影響してしまうのです。

セロトニンは不安を消すホルモンとも言われており、「きっと大丈夫さ」「平気、平気」というような感情がわき上がり、わたしたちを不安から守ってくれます。

しかしセロトニンが低下すると、不安にさいなまれ鬱病などにもなりやすいとのこと。
このようなことから腸内環境を良い状態にする乳酸菌には、ストレス緩和、減少効果があると言えるのです。

妊活中だけでなく妊娠中も乳酸菌をしっかり摂って、ストレスを溜めないようにしましょう。

ダイエット効果

腸内環境が良くなるとダイエット効果も高まります。
まず腸内環境が良い状態になることで、腸の働きが活性化し運動も高まり代謝も高まります

腸内からの栄養の吸収が高まることで、体中の細胞に栄養が行き届き、細胞の再生や修復がしっかり行われ基礎代謝も高まります。
基礎代謝は1日の代謝の60%を占めており、基礎代謝を高めることはダイエット効果を高めることになります。

また、便秘をすると長時間腸内に排泄するはずのいらない脂肪などをまた吸収してしまいます
それによってコレステロールや中性脂肪が増えやすくなり、ダイエットには悪影響を与えてしまうのです。

そのため、腸内環境を改善する乳酸菌はダイエットにもおすすめの栄養成分と言えます。

乳酸菌の摂取目安量

厚生労働省の推奨によると、摂取量の目安として健康維持のためなら毎日ヨーグルト1日100g以上(1カップ)と言われていますが、はっきりした決まりはありません。

ヨーグルト100gに乳酸菌は約100億個と言われています。(乳酸菌の種類によっても差があります)
便秘解消、ダイエット、腸内環境など目的を持って摂取するなら、1日5000億~1兆個(500~1000g)の乳酸菌摂取がおすすめとも言われているのです。

また、摂取のタイミングは朝・夕2回に分けて摂取すると良いと言われており、胃酸によって乳酸菌が分解されないように、胃酸の少ない食後に食べると良いでしょう。

乳酸菌はずっと腸内に生息できないので、せいぜい数日~数週間です。
そのため毎日摂り続けることがとても重要となります。

乳酸菌が多く含まれる食品

乳酸菌が含まれる食品

動物性乳酸菌 飲むヨーグルト、フローズンヨーグルト、ハードヨーグルト、ソフトヨーグルト、ナチュラルチーズ、乳酸菌飲料、発酵バター、生クリームなど
植物性乳酸菌 醤油、味噌、キムチやぬか漬けなどの漬け物、ピクルスなど

サプリで効率良く摂取しよう

乳酸菌は毎日の健康維持なら、ヨーグルトで言えばカップ1杯でもOKです。
また和食中心の食生活を送っている人は特に意識しなくても、植物性乳酸菌を味噌や漬け物から摂ることもできます。

しかし、特に免疫を高めたり、ダイエット、便秘改善、腸内環境改善などを目的とした場合は、個人差もありますが、1日ヨーグルトならカップ5杯~10杯は必要となります。

植物性乳酸菌をタップリ取ろうとすれば、塩分摂りすぎになってしまうことに。
また乳製品が苦手な人や、漬け物など嫌いな人もいます。

そのため、しっかり乳酸菌の効果を得たいと思っている場合はサプリメントなどを利用するようにしましょう。

最近は妊活中の女性や妊婦の方に多く飲まれている葉酸サプリにも乳酸菌が配合されているものも多くなってきています。
ママニック葉酸サプリなどが乳酸菌配合の人気葉酸サプリです。

腸内環境を整えることで他の栄養素の吸収効率も高まる

腸内フローラ腸の蠕動運動も活発になり、腸内はキレイに良い状態となり、腸内フローラもキレイに整います。
それによって腸からの吸収効率も高まるのです。

例えばサプリメントなどの場合は、乳酸菌が配合されていることによりビタミンやミネラルの吸収力が高まるということになります。

代謝が高まるということは、1つひとつの細胞が元気になることでもあり、健康と美しさを保つことができるのです。
妊娠中は効率よく栄養を吸収できることが重要なので、やはり乳酸菌は妊娠中にはなくてはならない成分と言えそうです。