葉酸サプリマガジン
> ママニック葉酸サプリの効果と成分の安全性をチェック!

ママニック葉酸サプリの効果と成分の安全性をチェック!

ママニック葉酸サプリの効果と成分の安全性をチェック!

単品価格 5,080円(税込)
内容 1個120粒入り
1日目安量 1日4粒目安
お得なコース 定期便で3,780円
期待できる効果 ・胎児の先天性異常の発生リスク軽減
・卵子の老化予防
・腸内環境の改善
・赤ちゃんの骨や歯の生成サポート
・妊娠時の悪阻軽減
公式サイト http://mamanic.jp/

2015年の夏に発売されたのがこのママニック葉酸サプリ。
ハリモアなどのヘアケア商品や化粧品で有名な株式会社レバンテが開発しているため、葉酸サプリ業界でも話題になった葉酸サプリメントの1つです。
キャッチフレーズは「200人の女性の声から生まれた赤ちゃんのための葉酸サプリ」となっています。
ここではそのママニック葉酸サプリの原材料や成分表記から見る安全性やセールスポイントなどを解説していきたいと思います。

ママニック葉酸サプリの原材料から安全性をチェック!

赤ちゃんのために飲むサプリメントとして一番大事なのがこの原材料。
葉酸サプリを購入する場合は原材料をしっかりチェックして安全性などをチェックするようにしましょう。

ママニック葉酸のパッケージ

ママニック葉酸サプリの原材料

還元麦芽糖水飴、デキストリン、亜鉛含有酵母、酵母(銅含有)、乳糖、酢もろみ乾燥粉末、発酵黒タマネギ末、ザクロ果実末、大麦若葉末、酵母(モリデブン含有)、酵母(ビオチン含有)、ライチ種子エキス加工粉末、鶏冠抽出物(ヒアルロン酸含有)、ケール末、さつまいも(アヤムラサキ)末、イチゴ種子抽出物、有胞子性乳酸菌、酵母(ヨウ素)、酵素処理燕窩末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、大葉末/末焼成貝殻カルシウム、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸鉄Na、ビタミンC、ステアリン酸Ca、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB6、L-ロイシン、葉酸、L-イソロシン、L-バリン、ビタミンB12、光沢剤

となっています。
原材料が多く配合されているのが還元麦芽糖水飴~乳糖まで補助剤というのが残念ではありますが、基本的にこれらは食品添加物ではないため危険性などはありません。
ただし、乳糖などは
「乳製品アレルギーを持っているかもしれない」
というような配慮があるであれば配合しなくても良かったのではないかとは思います。

栄養成分表記 4粒(1.4g)あたり

エネルギー:3kcal
脂質:0.02g
食塩相当量0.05g:
葉酸:400㎍
鉄:10mg
たんぱく質:0.04g
炭水化物:0.64g
ビオチン:28㎍
カルシウム:250mg

食塩相当量という項目が気になりますが、特に危険性はありません。
もちろん葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸を使用しています。

ビオチンが栄養機能食品

ママニック葉酸サプリはビオチンが国が定めた栄養基準値をクリアした栄養機能食品となっています。

ビオチンは妊娠時にもっとも必要な栄養素とも言われており、皮膚の粘膜や健康維持を助ける働きだけでなく、胎児の奇形が起きるリスクも軽減するといった効果もあるため、非常に大事な栄養素と言われています。

美肌成分も配合

ママニック葉酸サプリもベルタ葉酸と同様にツバメの巣や黒酢もろみなど、美肌成分が配合されています。

妊娠中や授乳中は赤ちゃんに多くの栄養を贈るため、ニキビやシミなどの肌トラブルが起きやすい体質になっています。
そのため、それらの成分は栄養不足になりママの美容のために配合されており、女性のことを考えられた人気のポイントなのです。

葉酸サプリでは珍しい乳酸菌配合

葉酸サプリ業界では珍しい“乳酸菌”を配合しているのもママニック葉酸サプリの特徴の1つ。
妊娠中は便秘にもなりやすいと言われているため、悪玉菌と善玉菌のバランスを保ち腸内環境を整える乳酸菌などは妊婦さんにも是非摂取してほしい栄養素です。

また、腸内環境が整っていないとせっかくサプリメントに良い成分が配合されていても体内への吸収効率が落ちてしまいます。
葉酸サプリとしての効果を引き出すためにも腸内環境を整えることは大事なことなのです。

配合成分から見るママニック葉酸の効果

配合されている成分から見て期待できるママニック葉酸の効果は以下の通りです。
ただし、医薬品ではないため必ずしも効果効能を約束するわけではありません。

胎児の先天性異常の発生リスク軽減

葉酸は核酸の生成に深く関わるため、細胞分裂の時に精子や卵子のDNAの書き換えミスを少なくする働きがあります。
健全な精子や卵子を生成することで赤ちゃんが先天性異常などの障害を持つ確率を減らすことが期待できるのです。

また、妊娠中の流産や早産の予防にも効果があります。
妊活を始めたら厚生労働省も推奨する1日400㎍を目安に摂取していきましょう。

卵子や精子の老化予防

ビタミンCが配合されていることにより卵子や精子の老化予防が期待できます。
加齢の影響などにより生殖機能が老化してしまうと妊娠力も低下してしまいます。
特に一度老化した卵子は若返ることはできないため、老化させないためのエイジングケアが必要になります。

ただし、ビタミンEが配合していればもっと良かったというのが個人的な感想です。

腸内環境の改善

上記でも解説しましたが乳酸菌が含まれていることにより腸内環境を整える効果が期待できます。
妊娠しやすいカラダを作るためには健康的なカラダ作りが重要ですが、腸内環境が悪いと代謝が落ち免疫力も落ちてしまいます。
冷え体質の原因にもなり、どんどん妊娠しにくいカラダになってしまうため、妊活においても腸内環境を整えることは重要なのです。

赤ちゃんの骨や歯の生成サポート

カルシウムが含まれていることにより赤ちゃんの骨や歯の発育をサポートします。
特に妊娠中期~後期になるにつれて胎児に贈られるカルシウムの量もどんどん増えていきます。

この時期にママ自身がカルシウム不足になると赤ちゃんの発育に影響が出てしまう可能性があるため、ママはしっかりカルシウムを摂取する必要があります。

妊娠時の悪阻軽減

妊娠中は女性ホルモンが多くのアミノ酸を消費してしまうため、悪阻の症状が強くなると言われています。
ビタミンB6はタンパク質のアミノ酸分解に深く関係しているため、補ってあげることで妊娠中の悪阻の症状を軽減する効果が期待できます。

サプリメントの大きさや味・匂いは?

ママニック葉酸のカプセル

ママニック葉酸のサプリメントの大きさは0.9cmとベルタ葉酸と同じ大きさとなっています。悪阻の時でも飲みやすい大きさで色はちょっと茶色っぽくなっているのが特徴。
匂いは独特で“無洗米っぽい”匂いがします。他社のサプリメントと比べるとちょっと匂いがきつく感じる人もいるかもしれません。

ママニック葉酸によくある質問

ママニック葉酸にビタミンAは配合されている?

過剰摂取が気になる脂溶性ビタミンの1つビタミンAですが、ママニック葉酸の公式ショップに問い合わせてみたところ、「配合していません」という回答をいただきました
とはいえ天然由来の成分を多く使用しているため、もしかしたら微量含まれている可能性はありますが、過剰摂取には至らない量なので問題ないと思います。

ママニック葉酸は妊娠中期や後期でも飲める?

女性ホルモンに大きく関わるような成分は配合されていないため、妊娠後いつ飲んでも問題ありません。

また、出産後の授乳期にも必要な栄養素が含まれているため、産後も飲み続けることができるサプリメントです。

下痢や吐き気など副作用が出る可能性は?

医薬品とは違い、サプリメントへの成分の配合量は多くありません。
そのため、下痢・吐き気・蕁麻疹・腹痛などの副作用が出る可能性は極めて低いと言えます。

ただし、葉酸サプリ自体が体に合わないという可能性も少なからずあるため、もし体調不良が起きてしまった場合は医師に相談してみましょう。

ママニック葉酸の安全性は?

国内のGMP認定工場で製造し、放射能チェック・残留濃薬度チェックも行っているため、品質面で特に問題ありません。安心して飲める高品質サプリメントと言っていいでしょう。

気になるママニック葉酸の口コミ評価は?

女性のイラスト
20代/Fさん/宮城県

乳酸菌を配合しているということもありママニック葉酸を選びました。サプリの粒にちょっと匂いがありましたがすぐ慣れて今は気にならず飲んでいます。妊活はもちろんですが元々お腹も弱かったので毎日飲み始めて最近は調子も良いです!

女性のイラスト
30代/Mさん/兵庫県

ドラッグストアで購入した葉酸を飲んでいましたが、色々調べていると葉酸以外にも摂った方がいい成分があることを知り、他のビタミンらが配合されているママニック葉酸を選びました。ちょっと高いですが鉄やカルシウムも配合されているので出産後まで飲んでいきたいです!

総合評価は◎!おすすめの葉酸サプリの1つ

先生

ママニック葉酸サプリは品質としてもレベルが高く、ベルタ葉酸と同様おすすめの葉酸サプリとして推薦します!価格も定期便であれば3780円とベルタ葉酸とあまり変わらない金額で購入できるため、あとは個人の好みによるところは大きいです。
知名度が上げればベルタ葉酸に匹敵するほどの人気になるポテンシャルを秘めたサプリメントです!

ママニック葉酸の関連ページ