葉酸サプリマガジン
> > 赤ちゃんのためにも早めの子宮がん検診を受けよう

赤ちゃんのためにも早めの子宮がん検診を受けよう

赤ちゃんのためにも早めの子宮がん検診を受けよう

健康的な赤ちゃんを出産するためには妊娠前の環境を整えることも大事なポイントの1つです。
子宮がん検診を受けることもその大事なことの1つ。
子宮がんは早期の発見が完治への可能性を高めるため、未来の赤ちゃんのためにも妊娠前に一度子宮がん検診を受けることをおすすめします。

子宮がん検診とは

子宮がん検診とは、子宮頸がん検診子宮体がんの検診の2つのことを言います。
特に、子宮体がんは中高年に多く、子宮頸がんは20代、30代の妊娠適齢の女性に多いことから妊娠前の子宮がん検診というと、ほとんど子宮頸がんを行うことが多いようです。

しかし、若い人でも子宮体がんにならないわけではなく、妊娠中に出血などがあり、不安にならないためにも子宮体がんの検診も受けることをお勧めします。

検診でがん以外の不妊原因を見つける

子宮体がんや子宮頸がんの検診を妊娠する前に行うことで、子宮がん以外に不妊となる原因があれば見つけることもできます。
細胞診、つまり子宮頸がん検診で分かる病気はカンジダ膣炎・トリコモナス膣炎・ヘルペス・ヒトバピローマウイルスなどがあります。

そして内診、つまり子宮体がん検診で分かる病気には、子宮や卵巣などの炎症の有無・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣腫瘍などがあります。
これらが妊娠を邪魔する原因になってしまうこともあり、不妊にならないためにも早く治療し改善することが大切です。

妊娠中に子宮がんが分かったら

妊娠中に子宮がんが見つかった時は進行状態によって判断は異なりますが、多くの場合は経過を見ながらとにかく出産を無事終えて、すぐにがん治療を始めるということになります。
そのため、ほとんど出産を無事に行うことができます。
しかし、出産後の育児など大変な時期に、すぐに手術や放射線治療を行うことになるわけです。

このようなことはできれば避けたいことであり、そのためにも妊活を決めたときにはまず子宮がん検診を受けるようにしましょう。

子宮体がんの検診

子宮体がんの検診は、子宮の奧にある子宮膜の細胞が必要です。
そのため細胞を採取するときには子宮の奧に痛みを感じます。

細胞検査に異常が見つかった場合、精密検査に進むようになりますが、それによって経過観察や手術、放射線治療などの治療計画を立てていきます。
子宮体がんは不正出血が症状として起こりやすいので、不正出血があったときには注意が必要です。

子宮頸がんの検診

子宮頸がんの検診では問診からスタートします。
生理は何日周期か、不定期や不順があるか、生理痛はあるか、妊娠歴や出産歴はあるか、閉経していれば閉経年齢などの確認があります。
また、おりものの状態を検査し子宮頸部の細胞を採取しますが、時間的には10分以内で終わります。

痛みはなく、体への負担のない楽な検査です。
細胞に異常があれば精密検査に進み、その後の治療の計画を立てることになります。
特に子宮頸がんは症状があまりないため、検診で見つけることが多いと言われています。

子宮がんによる不妊はあるのか

先生子宮がん検診をしてもし陽性であり治療をすることになった場合、妊娠は可能なのかという不安があると思います。
もちろんがんの進行状態によって、例えば子宮の保存治療が無理なときは妊娠を諦めざるを得ないこともあります。
しかし、早期に発見すればほとんどの場合、子宮温存での治療が可能なのでその後の不妊原因にならず、妊娠・出産を行うことができるようになるので、医師としっかり相談をして手術法を決めることです。

子宮がん検診の受ける施設と料金

子宮がん検診は婦人科ならどこでも行うことができ、他にも自治体の集団検診などを利用することもできます。
子宮頸がんの場合は1回検診をすると3年以内の発症はないと言われていますが、妊娠を考えるなら大事をとって2年に1回は子宮体がんの検診と一緒に受けることをおすすめします。

検査料は病院によって差がありますが大体3000円~1万円となっています。ただし精密検査まで進むことになると2万円以上になることも。
保険が適応され、地域自治体の助成金制度もあるので上手に利用しましょう。

また、無料検診がある場合は利用するとお得です。自治体による子宮検診についての詳しいことは、地域の保険福祉センターに相談してみるといいでしょう。

子宮がんにならないために…

子宮がんにならないためにも普段からビタミンをしっかり摂取し子宮環境を整え、卵子の老化を防ぐことが大切です。

そこでおすすめは厚生労働省も推奨しているサプリメントによる栄養補給。
最近は葉酸サプリなどで妊娠のためのサプリメントが普及しているため、普段の食生活では補えない栄養は体内への吸収率の高いサプリメントで摂取するようにしましょう。

>>卵子の老化を防ぐサプリメント