葉酸サプリマガジン
> > 牛乳の葉酸含有量とサプリメントの必要性について

牛乳の葉酸含有量とサプリメントの必要性について

牛乳の葉酸含有量とサプリメントの必要性について

「牛乳にも葉酸が含まれているって聞いたのですが、牛乳を飲めば葉酸サプリは飲まなくても大丈夫ですか?」
「葉酸サプリを飲んでいるのですが、牛乳を飲んでも過剰摂取にはならないですか?」

というような質問をいただくことがあります。
牛乳にも葉酸が含まれているためそういった事も間違いではないのですが、牛乳に含まれている葉酸の量は本当に微量のため、過剰摂取はもちろん補うという面で見てもあまり効果が変わらないかなと思います。
ここでは牛乳の葉酸の含有量とサプリメントで補う必要性について改めて解説していきたいと思います。

牛乳(ミルク)に含まれている葉酸の量とは

牛乳

牛乳には100gに対して5㎍の葉酸が含まれています。牛乳の100gというとおよそですが約97mlほどになります。

厚生労働省が妊娠している女性に推奨している葉酸の摂取量は400㎍のため、牛乳でその葉酸推奨量を補おうとすると7760mlの牛乳を飲まなければいけません。
市販されている1リットルの牛乳だと7本以上飲まなければいけなくなってしまい、常識を超えた量になるためおすすめはできません。

コーヒー牛乳や低脂肪牛乳はゼロに近い

通常の牛乳でその程度の葉酸の含有量のため、加工してしまうコーヒー牛乳や低脂肪牛乳の葉酸の含有量はゼロに近いと言っても間違いありません。
また、乳製品でも同じことが言えるため注意しておきましょう。

明治のミルクラブは通常の牛乳よりも多く葉酸を配合

明治のミルクラブもし牛乳である程度葉酸を補いたいのあれば明治のミルクラブをおすすめします。
明治のミルクラブには通常の牛乳の10倍の葉酸が配合されており、100gで50㎍のもの葉酸を摂取することができます。
明治のミルクラブはスーパーやドラッグストアなどで販売されているのでお近くのお店を探してみてください。

飲み合わせで過剰摂取にはならない?

先生葉酸の過剰摂取になると言われているのが1日1000㎍を超えた時です。前述した計算の通りだと1000㎍超えるには相当の量を飲まなければいけないため、過剰摂取になることは考えにくいところではあります。
仮に葉酸サプリで1日の推奨量400㎍を補ったとして、牛乳を1日200ml飲んだとしても1日の合計葉酸摂取量は約410㎍ほどのため、1000㎍には届きません。

そもそも牛乳は妊活や妊娠中に飲んでもいい?

牛乳を妊活や妊娠時期に飲んでもいいのかというは世間では賛否両論あるようです。
そのため、ここでは一概に飲んだ方がいい、飲まない方がいいということは言えません。

牛乳は卵管をつまらせる原因になる可能性があると言う研究チームもあれば、牛乳に含まれるホルモンによって排卵障害予防ができると言う専門家もいます。
医学的には結論が出ていない状態のため、どちらを信じるかは自分次第になってしまいます。

そのため、不安な方は身近な産婦人科やクリニックなどで信頼できる医師に相談してみることをおすすめします。

葉酸はサプリメントでの摂取の方が吸収率は良い

葉酸サプリメントとは?~厚生労働省も推奨の妊娠サプリ~」という記事でも解説しましたが、葉酸は水溶性ビタミンであり、普段の食事からは補うのが難しいという栄養素のため、厚生労働省はサプリメントでの摂取を推奨しています。
一見天然葉酸の方が良さそうに思えますが、天然葉酸に比べてサプリメントに加工された合成葉酸の方が約2倍の吸収率があると言われています。

葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害ダウン症予防のためにも重要な栄養素です。
牛乳を飲んでいるからといって葉酸を補っていることにはならないので、是非積極的にサプリメントで摂取するようにしましょう!