葉酸サプリマガジン
> > 葉酸サプリとミトコンドリアサプリの効果や役割の違いについて

葉酸サプリとミトコンドリアサプリの効果や役割の違いについて

葉酸サプリとミトコンドリアサプリの効果や役割の違いについて

最近は葉酸サプリだけでなく、ミトコンドリアサプリも注目されていますが、実際にはどちらが効果的なのでしょう?
なかなか妊娠できない人にとって、不妊体質を改善するために、どんなものが良いのか気になると思います。

ここでは疑問に思っている方に葉酸サプリとミトコンドリアサプリについて役割の違いなどを解説したいと思います。

ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアミトコンドリアとは細胞に存在する小器官と言われています。
私たちの体には60兆個もの細胞が存在していることは、多くの人がご存じかと思います。
細胞一つひとつに数百、数千のミトコンドリアが存在していると言われています。

そしてそれぞれの細胞の正常な働きや、古い細胞を新しく再生、修復する新陳代謝に必要なエネルギーを生み出しています。

そのミトコンドリアが元気に活動していることで、若々しく健康な体が保たれますが、ミトコンドリアのトラブルにより、老化、不妊、免疫低下、肥満などさまざまなトラブルにつながるのです。

細胞を一つの工場と考えると、栄養や酸素という材料がいくら届いても、ミトコンドリアという働き手が健全でなければ、工場は十分に働かないのです。
つまりミトコンドリアの質や数は、細胞が正常に働くためにはとても重要なことなのです。

ミトコンドリアの不調は様々なトラブルの原因に

ミトコンドリアが細胞の中の大半を占めており、しっかり働いてくれることで細胞が正常な働きをし、また正常な代謝も行われているわけです。

しかしミトコンドリアの質の低下や数の減少によって、さまざまな不調やトラブルが起こるようになります。

細胞は休みなくしっかり元気に働いてくれるため、私たちも元気でいられますが、逆を言えば細胞は毎日のように傷付き、疲労し、古くなっています。
それをミトコンドリアが再生、修復をサポートしているからこそ、わたしたちは健康でいられるのです。

そんな傷付いた細胞の状態が続くと、

  • 癌の発症
  • 様々な病気に対する免疫力の低下
  • 基礎代謝の低下
  • 老化
  • 肥満
  • アレルギー症状

なども引き起こされます。
また、正常な卵子や精子を作り出すことができなくなることから、不妊にもつながります。

ミトコンドリアと活性酸素

活性酵素
画像引用元:http://mizuhonokunisapuri.com/kasseisanso4.html

私たち人間は毎日食事から栄養をとっていますが、ミトコンドリアはその食事から摂取した栄養と、呼吸から得た酸素を原料に、ATP(アデノシン三リン酸素)という細胞を動かすためのエネルギーを産み出すのです。

そんなミトコンドリアは30代後半を境に、数が減り質も低下すると言われています。

呼吸で得た酸素の90%はミトコンドリアに取り込まれ、細胞を働かせるためのエネルギーに変換されます。
そしてその過程で少量の活性酸素が排出されるのです。

しかし、質の低下したミトコンドリアはエネルギー効率が低く、活性酸素も大量に発生することになります。
つまり多くの元気なミトコンドリアは若返りのために働きますが、逆に少なく元気のないミトコンドリアの場合は老化を早めてしまうということになるのです。

ミトコンドリアと不妊の関係

ミトコンドリアの質の低下、数の減少によって健全な精子や卵子がつくれなくなり、不妊の原因となります。

もしやっと妊娠ができたとしても、正常な遺伝子を持っていない精子や卵子は流産の確率がとても高いのです。
そして流産せずに出産できたとしても、障害などのリスクがとても高くなります。

ミトコンドリアの質の低下や数の減少が始まるのは、30代後半と言われていますが、最近の結婚適齢期は30歳~40歳でと言われています。
そのため30代後半のカップルは、ミトコンドリアについて真剣に考えることも重要と言われ始めているのです。

ミトコンドリアサプリとはミトコンドリアを活性化させるもの

元気な夫婦ではミトコンドリアの質を高め、数を増やすにはどうしたらいいのでしょう?

ミトコンドリアを活性化するためには、タウリン、ビタミンB群、鉄分などを含む食品をしっかり摂ることが必要となります。

しかし日本人は鉄分の必要量をまったくクリアしておらず、厚生労働省でも注意喚起をしているほど。
今までのままの食生活では、なかなか思ったほどの鉄分は摂取できません。

レバーや卵黄、アサリなどには豊富に含まれていますが、レバーや卵黄をたっぷり毎日食べることは物理的にも難しいですが、カロリー摂取過剰の心配もあります。
タウリンもイカやタコ、魚介類に豊富に含まれていますが、なかなか毎日食べることは困難です。

そこでミトコンドリアサプリが注目されているのです。
ミトコンドリアサプリとはこれらの成分や独自の成分を配合したもので、ミトコンドリアを活性化させる効果があります。

ミトコンドリアサプリに副作用はある?

ミトコンドリアサプリとは、ミトコンドリアが配合されているわけではありません。
ミトコンドリアは細胞の中の小器官であり、そのミトコンドリアを活発にするための栄養分が配合されているのがミトコンドリアサプリです。

基本的には葉酸サプリやマカサプリなどと同様、ビタミン・ミネラルと言った栄養素が配合されているサプリメントなので、副作用として心配される要素はありません

ミトコンドリアサプリはメーカーによって、それぞれ独自に不妊体質に良いとされる成分が配合されています。
そのため、それぞれのメーカーによって摂取目安量も違います。

どんなに副作用のないサプリでも、目安量を無視して大量に飲めば悪影響が起こるのも当然のことです。
また、いろいろな成分が含まれているので、食物アレルギーなどを持っている人は成分チェックしてから摂取しなければアレルギーの発症につながります。
ミトコンドリアサプリの副作用は、自分自身で過剰摂取に注意することが大切だということになります。

葉酸も妊活には必要と言われている

妊活には厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しています。
葉酸は妊娠力を高めるだけでなく、先天性異常の発生予防のためには重要な成分なのです。
妊娠初期(0週~7週)の間は赤ちゃんの脳や脊髄などがつくられます。

この時期に葉酸が不足すると細胞分裂がうまくいかずに脳や脊髄の障害や、神経管閉鎖障害が起こりやすいと言われており、そのため妊活中から葉酸はとても重要です。
葉酸が不足していると健全な卵子や精子がつくられず、不妊の原因にもなってしまうのです。

また、葉酸サプリには葉酸だけでなく、様々栄養成分が配合されているため、妊活では子宮内膜を厚く強化する効果もあり、着床率の向上につながります。
そして妊娠中期になると血中のホモシステインを抑制し、早産や流産を予防する働きや、死産にもつながる妊娠高血圧症を予防する働きもあります。

葉酸サプリでも妊娠力は高まるのか?

先生ミトコンドリアサプリほどではありませんが、葉酸サプリにもビタミンE・マカ・イソフラボンなど、ホルモンバランスを整える成分が入っている場合もあり、そういった成分は妊娠力を高めてくれる可能性があります。

ただし、ホルモンバランスに関わる成分が配合されているかはメーカーによるため、全ての葉酸サプリに妊娠力を高める効果があるわけではありません。

葉酸サプリ+ミトコンドリアサプリの併用も可能

不妊体質の改善のため、効果のある葉酸サプリとミトコンドリアサプリの両方を摂取しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
もちろん併用も問題ありません。

どちらが重要というわけではなく、どちらも重要な栄養素です。
しかし一つ言えることは、体内のミトコンドリアが減少し質が低下するのは30代後半からなので、それまでは葉酸を中心に摂取するようにしましょう。

ミトコンドリアサプリは金額が高いため不妊が続いた人におすすめ

葉酸サプリもミトコンドリアサプリも、メーカーによって含有成分もさまざまで価格もいろいろですが、葉酸サプリは大体1カ月分2500円~6000円程度となります。

それに比べミトコンドリアサプリは、1カ月8000円~25000円程度です。

つまり葉酸サプリは気軽に摂取することができる価格ですが、ミトコンドリアサプリはちょっと続けるのは大変な価格と言えます。

そのため必要性と価格の両面から考えて、葉酸サプリは妊活初期の段階から、ミトコンドリアサプリは不妊が続いたり、年齢が30代後半以上で妊活を始める時といった使い分けがおすすめです。

ミトコンドリアを活性化させるおすすめサプリ

ミトコア300mg

ミトコア300mgシンゲンメディカル株式会社が開発したミトコンドリアを活性化させるサプリメント。
イースタティックミネラル・ジオスゲニン配糖体・アグリコン型イソフラボン・オリーブ葉抽出物といった成分をメイン成分としています。
ミトコンドリアのエネルギー効率を高めてくれる効果が期待できる反面、単品価格は18000円と非常に高価です。

ミトコリン

ミトコリン東京医学大学の教授が開発したミトコンドリアサプリメント。
ブラックジンジャー・ヒハツ・マンゴージンジャー・高杞葉といった植物成分から抽出してつくられています。
品川美容外科や品川クリニックでも使用されているということもあり、実績、安全面、品質の面で信頼できますが、こちらも単品価格は18333円と高額となっています。