葉酸サプリマガジン
> > 葉酸サプリメントにおける合成と天然の違いとは?

葉酸サプリメントにおける合成と天然の違いとは?

合成と天然の口コミの真実と正しい選び方

葉酸サプリのことを調べていくと、その製造方法に「合成」と「天然」があることに気付く方も多いのではないでしょうか?
ここではその「合成」と「天然」などの違いや選び方などを詳しく解説していきたいと思います。

厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸サプリ

一見「天然葉酸」と聞くとお腹の中にいる赤ちゃんにも安心して飲めるような気がしてきますが、厚生労働省が推奨しているのは「合成葉酸」の方です。

というのも基本的に葉酸という水溶性のビタミンは食事など普段の生活から十分に摂取するのは難しく、体内にも吸収されにくいことからサプリメントによる摂取を推奨しています。

ちなみに、天然と合成では化学式は同じですが、立体構造が天然は「d-α-トコフェロール」、合成は「㎗-α-トコフェロール」となっています。

葉酸サプリメントの殆どは「合成葉酸」

葉酸サプリは合成で作られています

まだ多くの方で勘違いされている方が多いのですが、そもそも“100%天然の葉酸サプリメント”というのはありえません。
それこそ100%天然の葉酸というのは野菜などの素材から純粋に摂取する以外にないと言ってもいいでしょう。

そういう意味では“サプリメント”にした時点で合成というカテゴリーに入るため、インターネットや市販で購入できる葉酸サプリの全てが「合成葉酸」ということになります。

しかしそれが悪いわけではなく、むしろ合成されたサプリメントの方が食事などから摂取するよりも吸収率が遥かに良いため、厚生労働省はサプリメントによる摂取を推奨しているというわけです。

「合成=石油」という噂が流れたことからイメージがよくない方もいるかもしれませんが、あまり心配することはないと思います。

合成栄養素 天然栄養素
メリット ・高濃度(粒が小さく少ない数で済む)
・価格が安い
・品質が安定する
・農薬混入の恐れがない
・合成では作れない栄養素も含まれている
・相乗効果が生まれやすい
デメリット ・製造方法によって天然より効果が弱くなる
・人間が製造している栄養素しか含まれない
・価格が高くなる
・農薬混入の恐れがある
・高濃度にするのが難しい
・季節や産地によって栄養素の量が変動する

合成葉酸の中で選ぶポイントは?

そこで気になるのは「合成葉酸の中から何を基準に選んだらいいの?」ということだと思います。実は合成葉酸サプリは大きく分けて2つのタイプに分けることができます。

人工的な化学合成成分で作られた葉酸サプリ
天然由来成分で作られた葉酸サプリ

当サイトでおすすめなのは「天然由来成分で作られた葉酸サプリ」です。

天然由来成分というのは化学的な加工はしているものの野菜など天然の素材から葉酸などの栄養素を抽出しているため、人工的に作られたサプリよりも栄養価も高く、人体に無害と言われる高品質な葉酸サプリです。
植物由来の成分は体内への吸収率も高く、排出は遅いため人工的な成分のサプリに比べてまさに効果が高いとも言えます。
その効果は約2倍と言われています。

天然由来と合成の吸収率の違い

赤ちゃんに贈る栄養素と考えた時にやはり少しでも良い栄養を贈ってあげたいという女性の方が多く、高品質な天然由来成分の葉酸サプリを選ぶ方が多いのはそのためです。

人工的な成分で作られたサプリは天然由来で作られたサプリと比べると、比較的に価格も安く設定されており、サプリメントの大きさも小さく、味にも癖がないように作れることがポイントになっています。
ただし、あまり安価な合成品は素材そのものの遺伝子に傷がついていて、活性酵素を発生させてしまっているという報告もあるため、注意は必要です。

最近では、心配される農薬の混入も残留農薬度検査を実施しているサプリメントメーカーも多く、安心して摂取できるサプリが増えています。
特に胎児の健康のために飲む葉酸サプリは安全面などもしっかりチェックするようにしましょう。

研究をしている女性

パッケージで見る人工と天然由来の見分け方は?

先生

実は人工の成分と天然由来の成分はパッケージを見て見分けることができます。
例えばレモンと言えばその栄養素はビタミンCですが、人工のものの表記は「ビタミンC」、天然由来のものは由来表記ができるので「レモン」と表記されています。
一概に“人工=悪い”というわけではないので、ここではあくまで知識として覚えておきましょう。
こちらの記事も参考にしてみてください。
>>添加物ゼロは嘘!「無添加葉酸サプリ」の真実とは

【豆知識】モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の葉酸

ちょっと難しい言葉になってしまいますが、ここでは呼称の豆知識をご紹介します。
葉酸の呼称として「モノグルタミン酸型」の葉酸と「ポリグルタミン酸型」の葉酸という2種類が存在しています。

モノグルタミン酸型の葉酸
→ここまで天然由来と紹介してきた加工食品から抽出される葉酸で吸収率が高く85%程度
ポリグルタミン酸型の葉酸
→食品などに含まれる100%天然の葉酸だが一度体内で分解されるため吸収率は50%程度

もちろん厚生労働省が推奨しているのは吸収率の高いモノグルタミン酸型の葉酸です。
ただし各メーカーのパッケージや公式サイトを見てもこの全てに表記があるわけではないため注意しておきましょう。

ここまでのまとめとおすすめの天然由来葉酸サプリ

「天然と合成の違いや知識はわかったけど、結局何がおすすめなの?」という方もいるかと思います。
ズバリ!おすすめはベルタ葉酸サプリです!

理由としてはやはり今回の記事でも話題にした通り

天然由来成分である
残留農薬度検査を実施している
モノグルタミン酸型の葉酸である

ことが一番です。
特に天然酵母葉酸100%で作られているため、体内への吸収率も他のメーカーの葉酸サプリに比べて良いのも特徴。

また、その他にも配合されているミネラル・カルシウムなどといった成分が高品質なので赤ちゃんへの影響も心配ありません。
迷っている方は是非ベルタ葉酸サプリを選んでみてはどうでしょうか?