葉酸サプリマガジン
> > 産後に骨粗鬆症になりやすい原因と対策

産後に骨粗鬆症になりやすい原因と対策

産後に骨粗鬆症になりやすい原因と対策

産後に骨粗鬆症になりやすいのは何故なのでしょう。
赤ちゃんのためにカルシウムを使い過ぎてしまったというイメージが働きますが、対策はどのようにしたらいいのか、原因からもう少し深く考えてみましょう。

骨密度について

骨密度はほとんど20歳までしか蓄えられないものだと言われています。
つまり20歳がピークで、そこからの骨密度はどんどん下がる一方だということになるので、気づいたときには、その状態を少しでも維持することが重要になるということになります。

骨密度(こつみつど、Bone Density)とは、単位体積あたりの骨量のこと。 BMD(Bone Mineral Density)と表記される場合もある。 骨密度の単位はg/cm²。 若年成人平均値(YAM)を基準とした割合値(%)を指標として示されることもある。

引用元:骨密度 – Wikipedia

産後に骨密度が減るのはなぜ?

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンという2つのタイプがあります。
この中のエストロゲンが骨密度を減らさないように、カルシウムの流出を抑える働きがあります。
妊娠するとプロゲステロンがエストロゲンより多くなりますが、全体に女性ホルモンが増えるのでエストロゲンの量も増え、カルシウムの流出は防ぎます。

しかしこのときには赤ちゃんの方に優先的にさまざまな栄養素が流れていくため、もちろんカルシウムもどんどん赤ちゃんに注がれることに。
そのため妊娠中にはカルシウムの多いものを摂取するようにと言われますが実際にはつわりなどで、なかなか思ったようにカルシウムが摂れないことがほとんどです。

そして出産すると急激に女性ホルモンが落ちるため、やはり骨密度も急激に減るという状態になるのです。その上、赤ちゃんにあげる母乳を出していると、やはりカルシウムの多くが母乳に流れていきます。

このようにお母さんは、妊娠してからずっとカルシウムがどんどん減っている状態ということになり、そのため出産後に骨折しやすくなったり、検査をしてみると骨密度が低くなっているということになるのです。

出産後骨粗鬆症の対策

骨の説明をする医師出産後に骨密度ができるだけ減らないようにするには、妊娠中からしっかりカルシウムを摂るようにすることです。
エストロゲンを増やすことは妊娠中にはできないので、まずカルシウムを摂取して今の骨密度をできるだけ減らさないようにします。

そして赤ちゃんにも十分カルシウムが行き届くようにしなければなりません。
もし、つわりなどで思ったようにカルシウムの多い食品が摂取できないなら、サプリメントなどで摂取することも考えるべきでしょう。

出産後にもしっかりカルシウムの多い食品を意識的に摂るようにします。
このときも、どうしてもなかなか小魚など摂取しにくい場合は、カルシウムサプリなどを摂取するようにしましょう。
また、産後はエストロゲンを増やすために、大豆製品などを意識的に摂ることもおすすめです。

適度な運動も必要

そしてもう一つ重要なことは運動をすること。骨に適度な負荷をかけることで強くなっていきます。
また、太陽の光に当たることも重要です。わたしたち人間は日光に当たることで、ビタミンDを体内で作ることができます。
カルシウムを摂取するには、このビタミンD欠かせません。天気の良いときには外に30分でも出て体を動かすようにするといいでしょう。
また睡眠中に骨細胞の修復や再生が行われるため、睡眠時間も重要になります。もちろん睡眠は時間だけでなく質も大切ですが、目安として7時間は取りたいものです。

カルシウム含有量の高い食品

先生カルシウムの多い食品を意識的に摂取することはとても大切です。
乳製品にはカルシウム含有量が多いと言われていますガ、特にヨーグルト牛乳には多く含まれています。
また、大豆製品として豆乳・厚揚げ・豆腐・納豆などや、野菜ではチンゲン菜・小松菜・ほうれん草が多いと言われています。
そしてイワシの丸干し・シラス・ちりめんじゃこ・煮干しなどの小魚も、もちろん豊富に含まれています。これらの食品を意識的に摂るようにしたいものです。

カルシウムを補うために葉酸サプリもおすすめ

葉酸サプリ骨を丈夫にするサプリメントとしておすすめなのは葉酸サプリです。
葉酸サプリにはカルシウムだけでなく、
・骨の生成に必要なたんぱく質や鉄
・カルシウムの吸収を助けるビタミンDやマグネシウム

といった栄養素を配合しているものもあり、産後の骨粗鬆予防としても効果のあるサプリメントと言われています。
特にベルタ葉酸サプリママニック葉酸サプリパティ葉酸サプリなどは産後のママに必要な栄養素をしっかり配合しているためおすすめです。

産後は母乳を通して赤ちゃんに良い栄養を贈ることが大切のため、自分のためだけでなく赤ちゃんのためにも栄養バランスをしっかり意識して摂取するようにしましょう。

>>母乳育児のため授乳期に葉酸サプリを摂取すべき理由