葉酸サプリマガジン
> > 黄体機能不全でも妊娠できる?原因や治療法とは?

黄体機能不全でも妊娠できる?原因や治療法とは?

黄体機能不全

不妊に悩む人たちにとって、少しでも早く妊娠したいと思う気持ちは当然のこと。
そのためにも可能性のある、いろいろな原因を改善することが必要となります。
黄体機能不全も不妊症の原因となる症状の一つですが、どのような症状があり、どのような原因によるものなのか。
また治療法などについてもご紹介したいと思います。

黄体機能不全とは?

黄体機能不全は不妊の原因や流産の原因になる症状で着床障害の種類の1つですが、意外と認知度は低いと言われています。

黄体機能不全はそのネーミング通り女性ホルモンの一つで、プロゲステロンと言われている黄体ホルモンの分泌が正常に分泌しないというものです。

このプロゲステロンとエストロゲンの、二つのホルモンのバランスによって、生理はスムーズに毎月訪れます。
つまりこの二つのホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理不順になったり不妊になるのです。

女性ホルモン

エストロゲンは排卵のための環境をつくり、排卵日を境にプロゲステロンが妊娠のための環境をつくります。

排卵日が過ぎると受精していなくても、受精した場合のために子宮内膜を厚くしていき受精卵の着床ができるように、ベッドのような環境を作るのです。
基礎体温は高くなり、もし妊娠した場合は出産するまで、ずっとプロゲステロンが優位となり高体温が続きます。

そして受精していなければ、子宮内膜はすべて血液と一緒に生理というかたちで排出されます。
生理になると今度はエストロゲンが排卵のために、優位になって排卵を促します。

このようなプロゲステロンの働きが正常に行われないことを黄体機能不全と言うのです。

黄体機能不全の症状

黄体機能不全になるとその程度にもよりますが、基礎体温を高温に保つことができず、基礎体温を測ると黄体期がとても短かったり、基礎体温のグラフが直線に近くなってしまうことも。
また、生理不順になりやすく、生理以外にも不正出血が起こりやすくなると言われています。

これは生理のメカニズムの中で、黄体期に入って子宮内膜が厚くなってきても、黄体ホルモンの機能が弱くなるとすぐに子宮内膜が剥がれてしまい、生理まで保もてずに出血と共に排出されてしまうからなのです。

黄体機能不全になっても妊娠できる?

黄体機能不全になっても、妊娠できる可能性はあります
黄体機能の不全といっても、その程度も人さまざまです。
そこで黄体機能がまったく低下してしまっている場合は、生理もなく排卵もないので妊娠自体あり得ません。

しかし軽い黄体機能不全であれば、例え100分の1程度の確率であっても妊娠は可能なのです。
そして同じように着床する可能性もあり、うまくいけば出産まで流産をせずに、もちこたえられる可能性もあります。

妊娠して無事出産できる確率はとても低いと言われていることも現実ですが、治療を続けていけば妊娠の可能性は大いに期待できるのです。

流産との関係性は?

排卵日にめでたく受精した場合、そのまま厚くなった子宮内膜に着床すれば妊娠できます。
妊娠をすると、ずっと黄体ホルモンが優位となる必要があり、その状態で体を安定させていくのです。

しかし、黄体ホルモン(プロゲステイン)の機能が低下したり分泌が不足していると、その状態を保つことができずに、結局途中で流産してしまうことになるリスクもとても高いのです。

黄体機能不全になる原因

悩んでいる女性実は黄体機能不全の原因ははっきりと分かっていません
卵子のの成長は、脳の視床下部や下垂体から卵巣に指令が行き、同じように卵子が成長すると黄体形成ホルモンが排卵を促します。

このように脳からの指令がホルモン分泌にはとても重要です。
しっかりとその指令が出せない原因や、その指令を卵巣がうまく受けとることができない原因がある可能性も。

例えば脳の指令が出せない理由には、疲労やストレスなども考えられるのです。
もちろん病気が理由ということもあるでしょう。
理由がはっきりしませんが、可能性のある原因もあります。

体外受精や人工授精などで使用する、hMG製剤やGnRHアゴニストの使用によって黄体機能不全を起こすこともあります。
他にも高プロラクチン血症の場合は、黄体不全を起こします。

このように原因が分かるものは改善をし、分からないものはとにかく治療をしていきますが、漢方薬などで体質の改善治療を行う人もいます。

黄体機能不全の検査方法

医師と患者黄体機能不全の検査は、医師による問診採血になります。
問診では基礎体温表を元に生理の出血量、生理期間、生理周期などをチェックします。
そのため基礎体温は最低付けておくことが大切です。

そして排卵日から約1週間後に血液検査を行います。
それによって血液中の黄体ホルモンの数値をチェックするものですが、数値が10ng/ml未満の場合は黄体機能不全と考えられます。

病院に行くタイミングは?

妊娠が思ったように、成功しないと感じた時点ですぐに検査しましょう。
黄体機能不全だけでなく、何か他の問題がある可能性もあります。
また、医師に相談する前に、基礎体温を毎日付けておくことも大切です。

最低1~3カ月は基礎体温をグラフにして、グラフが綺麗にアップダウンしていないようなら、すぐに医師に相談しましょう
もちろん生理不順などがあるときも医師に相談します。
妊娠をしたいと考えてから治療をするより、余裕を持って異常がないかチェックしておくことも大切です。

黄体機能不全の治療方法

排卵誘発法は、生理が始まるとクロミフェン療法ゴナドトロピン療法が行われますが、これは排卵を促す治療です。
排卵誘発剤は多胎率が高まることもあるので、夫婦でその可能性も話し合うことが大切です。

また、黄体補充療法を行って子宮内膜を促進し維持できるようにします。
それによって受精卵が着床しやすくなり、妊娠を促すのです。
黄体期にhCG製剤を投与して、黄体を刺激していきます。

このように黄体ホルモンの分泌を促す方法と、黄体ホルモンそのものを投与する方法があります。
他にもドーパミン作動薬の投与を行う方法もありますが、これは原因が高プロラクチン血症の場合であり、ドーパミン作動薬がプロクチンの数値を低下させるからなのです。

黄体機能不全と漢方薬

黄体機能は原因がはっきりしていないことも多く、漢方薬によって体質改善など基礎的に改善する治療を考える人も多いと言われています。
東洋医学的では、黄体機能が低下して起こる月経周期が短い原因として、腎気・脾気が弱いと考えます。

そのため、その人の体質によって芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)などが使われます。

また漢方専門薬局などではこれだけでなく、その人の体質の特徴に合わせたいろいろな生薬をプラスして、その人だけの漢方薬を作ってくれます。

その他にも注意すること

黄体機能不全は必要な治療を受けることだけでなく、やはりストレスを解消することや、無理な仕事など体を酷使しないことも大切です。
特にストレスは生理不順といった日常に支障をきたす可能性があります

また、黄体機能不全だけでなく、高プロラクチン血症多嚢胞性卵巣症候群といった他の不妊症も引き起こす可能性があるため注意しましょう。

ストレスは自分だけでどうにかなることではないので、受けないことより受けてしまった後の解消法を自分なりに見つけることが大切です。

例えば好きなことに没頭できる時間を作ったり、アロマを上手に利用することもおすすめです。
特に不妊原因はいくつも重なっていることもあり、原因が分からないこともたくさんあります。
そのためホルモン分泌や自律神経のバランスの乱れは、とにかく解消するようにしましょう。