葉酸サプリマガジン
> > 不妊体質に効果のあるピニトールとは?

不妊体質に効果のあるピニトールとは?

不妊体質に効果のあるピニトールとは?

最近、不妊に悩む欧米の女性に今、注目されているのがピニトールという成分です。
ピニトールとはどういう成分なのか、効果は本当にあるのかなど、まだ日本では知らない人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は注目の成分、ピニトールについて詳しく解説したいと思います。。

ピニトールとはどんな成分なのか

ピニトールとはマメ科の植物に含有されている、天然の物質でイノシトールの一種です。
1987年インドにおいて、ブーゲンビリアの葉から分離同定されました。

糖尿病予防や多膿疱性卵巣症候群の改善に効果があると言われている成分なのです。
どちらも血糖値が高いことから発症するリスクの高い疾患ということから、ピニトールが期待されています。

ピニトールの効果

ピニトールはグルコーストランスポーター(細胞がグルコースに取り込むためのタンパク質)の亢進作用を示し、糖尿病などの予防に効果が期待されています。
わたしたちの体の中に摂取すると、インスリンと同じような働きをしてくれると言われているのです。

大豆イソフラボンなどはエストロゲンと同じような構造を持ち、同じような働きをしてくれるため、植物性エストロゲンと言われていますが、ピニトールは植物性インスリンとも言えるような成分といえそうです。

インスリンというと糖代謝に深く関わり、血糖値を下げてくれる働きがあることはご存じと思いますが、このピニトールも同じように血糖値を下げる働きがあります。

そのため糖尿病の予防にも注目されている成分ですが、不妊原因の一つである多膿疱性卵巣症候群(PCOS)の予防や改善にも多いに期待されており、アメリカではまだまだいろいろな効果の発見に研究が進んでいる成分です。

ピニトールには高脂肪肝ビタミンが含有しており、脂肪の流れを良くして脂肪が体積しないような働きがあり、そのため太りやすい体質の改善にも期待されています。

どんな人にピニトールはおすすめか

妊娠を希望している人で月経不順や無月経の人

月経不順や無月経の場合、多膿疱性卵巣症候群の可能性があるため、ピニトールはこれらの改善に期待できます。

月経以外に不正出血がある人

不正出血は多膿疱性卵巣症候群の可能性が高いと言われています。
不正出血の場合はさまざまな原因があるので、まず医師に相談し多膿疱性卵巣症候群であると言われたら是非試したいものです。

なかなか妊娠しない人

不妊の約2割が多膿疱性卵巣症候群と言われています。
また不妊の原因は一つではないので、少しでも不妊の原因を減らすことはとても大切です。特に肥満型の人はおすすめです。

最近体毛が濃くなってきたと感じる女性

女性ホルモンが低下し男性ホルモンが強まっている可能性があります。
ホルモンバランスのトラブルは多膿疱性卵巣症候群の可能性が高くなるためおすすめです。

肥満型の女性

多膿疱性卵巣症候群と診断される方の3分の1は肥満型のカラダと言われているそうです。
肥満型でなかなか妊娠ができない人は摂取してみましょう。

PCOSと診断された人や疑いのある女性

多膿疱性卵巣症候群であればもちろんおすすめです。自覚症状の段階でも摂取しておいて損はないと思います。

EDの傾向がある男性

女性だけでなく男性の精子の質の向上、ED(勃起障害)などにもおすすめです。
不妊の原因の半分(約50%)は男性側にあるとも言われています。

元気な卵子、元気な精子を産生したいカップル

健全な妊娠、出産を望むカップルは葉酸とともにピニトールも摂取しましょう。元気で健康や精子や卵子は妊娠力が高いです。

糖尿病などの生活習慣病予防やダイエットしたい人

血糖値を上げない働きがあるため、糖尿病などの生活習慣病予防のためにも摂取しましょう。男女ともに40歳を過ぎたら生活習慣病の予防にも気をつかう必要があります。
また、太りにくい体質づくりにもおすすめです。

ピニトールは妊娠中に飲んでも大丈夫か?

当然、副作用の報告もなく、妊娠中でも血糖値を上げないように働いてくれます。
妊活中から出産まで厚生労働省でも推奨している葉酸と一緒に、妊活サプリに含まれているものもあります。
妊娠中も血糖値が上がりやすい人もおり、是非毎日摂取することをおすすめします。

ただし、サプリはどれもそれぞれ目安量が決まっているので、必ず目安量を守るようにしましょう。
どんなに体に良い食品であっても、食べ過ぎによって胸焼けや下痢を起こすことがあります。
それと同じくサプリは食品なので、薬のように神経質になることはありませんが、やはり目安量はメーカーが一番好ましい量として研究した結果、決めているので必ず守るようにしましょう。

ピニトールが含まれている食品

大豆

大豆大豆というと豆腐や納豆などが簡単に摂取しやすく、わたしたちに馴染みのあるものですが、ピニトールは水に溶けやすいという性質があり、加工の段階でだいぶ排出されてしまうのです。
そのため納豆や豆腐にはほとんど期待できません。
きなこなどは大豆の粉なので、とてもおすすめ。
もちろん大豆食品は植物性エストロゲンも豊富なので、是非毎日摂取したい食べ物の一つです。

ルイボスティー

ルイボスティーはピニトール以外にもミネラルが豊富で、その上ノンカフェイン。
そのため妊活にはおすすめのお茶です。

最近はドラッグでも購入できるようになり、いつでも簡単に手に入るようになりました。
ルイボスティーは強力な抗酸化パワーもあり、元気のない精子の運動量を高める効果や質の向上も期待できるためカップルで飲みたいお茶です。

アイスプラント

アイスプラントアイスプラントはあまりご存じのない人もいるかも知れません。
南アフリカ原産の植物で、葉の表面に塩分の結晶がついていて、まるで水滴が氷って付いているような葉っぱです。
塩分の味のするプチプチしてしゃきしゃきした不思議な食感。

アイスプラントはピニトールだけでなくミネラルや抗酸化パワーを持ったプロリンも含まれています
ただし目新しい野菜として、いつでも売っていなかったり、価格的にもまだまだ高い野菜です。

ピニトールを効率よく摂取するにはサプリがおすすめ

「ピニトールの含まれている食品」でご紹介したように、満足にピニトールを摂取したいと思うと、やはり食品から摂取するだけではとても難しいと言えそうです。
そのためピニトールを有効量摂取するにはサプリからがおすすめ。

ピニトールがサプリとして一般的に使用できるようになったのも、ピニトールが豊富に含まれている食品としてご紹介したアイスプラントという植物を、植物工場で栽培するようになり、安心・安全な機能性野菜として大量に安定して生産することができるようになったからなのです。
このピニトールは女性特有の役割や様々な健康に役立つという事がわかっています。

多膿疱性卵巣症候群(PCOS)について

ここでピニトールが有効だと言われている不妊の原因の一つであるPCOSとは、小さな卵胞がたくさん存在している卵巣を多嚢胞性卵巣といい、それによって排卵ができないという状態のことを多嚢胞性卵巣症候群と言うのです。

多膿疱性卵巣症候群は、不妊の原因の20%を占めるとも言われていますが、何故起こるのかなどまだまだ分からないことがたくさんあるのが現実です。

多膿疱性卵巣症候群は、インスリン抵抗性があり、3分の1は肥満を伴う傾向があり、残りの3分の2の人も内臓脂肪が多くなっている隠れ肥満が多いと言われています。
インスリン抵抗性とはインスリンの働きが弱るということなので、インスリンの働きをプラスすることができるピニトールが有効であると言われているのです。

そのため肥満体質でなくても、多膿疱性卵巣症候群の人やその疑いのある人は、食生活の見直しはとても重要だと言われているのです。

サプリメントを摂取しながら注意すること

特にPCOSの効果があると言われているピニトールをしっかり摂取しても、やはり肥満を改善する努力も大切です。
過度なダイエットは不妊の原因になりますが、やはり食生活の見直しをしなければなりません。

  • ご飯・パン・麺類などの炭水化物を減らす
  • ファーストフードやお菓子を食べない
  • 清涼飲料水をやめる
  • 砂糖を多く使ったものは避ける
  • 適度な運動を毎日続けて行う

これらをいつも心掛けることも大切です。

ピニトールを配合したおすすめサプリ

ベジママ

ベジママ妊活サプリメントでは日本で初めてピニトールを配合させたのがベジママです。
妊活に必要な葉酸などのビタミンB群やビタミンEを配合しているため特に妊活中におすすめのサプリメントです。

ママナチュレ葉酸

ママナチュレ葉酸アイスプラントではなく、イナゴマメというマメ科の植物からピニトールを抽出して配合させたのがママナチュレ葉酸です。
他にもマカ・ピニトール・イソフラボン・ルイボス・ザクロといった栄養成分を配合させていますが、その分価格はベジママよりも高くなっています。