葉酸サプリマガジン
> > 病院で処方してくれる葉酸の薬と市販葉酸サプリの違い

病院で処方してくれる葉酸の薬と市販葉酸サプリの違い

病院で処方してくれる葉酸の薬vs市販葉酸サプリ

妊娠を希望している妊活中の方であれば葉酸の摂取を考えている人も多いかと思います。

そこでよく質問をされることで
「病院でも葉酸を処方してくれますか?」
という内容があります。

答えを先に言ってしまうともちろん病院でも葉酸の薬は処方してもらえます。
ただし!病院で処方してもらえる葉酸の薬は配合量を考えてつくられたわけではないため、そのまま服用してしまうと過剰摂取になってしまうのです。

ここでは病院で処方されるであろう薬の紹介と通販などで購入できる葉酸サプリメントを比較してみました。

病院で薬として処方してもらえるのは「フォリアミン錠」

フォリアミン産婦人科などの病院で薬として葉酸を処方してもらえる有名な医薬品は「フォリアミン錠」というものです。

主に赤血球を生成し体内の葉酸を補う目的で使用され、代謝が低く貧血の方などにも処方されることが多い医薬品です。
また、メトトレキサートという抗がん剤の食欲不振や肝障害といった副作用を軽減させるためにも使用することもあります。
(※そもそもメトトレキサートは体内の葉酸の代謝を阻害してしまう)

ちなみにフォリアミンは錠剤だけでなく散剤もあります

フォリアミンの効能

基本的には葉酸のため、効果の面で市販されている葉酸サプリメントと大きな差はありません。

・葉酸欠乏症の予防及び治療。
・葉酸の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦等)。
・吸収不全症候群(スプルー等)。
・悪性貧血の補助療法。
・次の疾患のうち、葉酸の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合(ただし、効果がないのに月余にわたって漫然と使用しないこと)//栄養性貧血、妊娠性貧血、小児貧血、抗けいれん剤、抗マラリア剤投与に起因する貧血。
アルコール中毒及び肝疾患に関連する大赤血球性貧血。
・再生不良性貧血。
・顆粒球減少症。

というのがフォリアミンの効果効能として記載されているものです。

また、水溶性のビタミン剤の一種として摂取しすぎた分は尿となり排出されるため、副作用はあまりないと報告されています。

フォリアミン錠は保険適用価格と葉酸サプリの価格

フォリアミン錠は保険適用がされるため、比較的に安価で手に入れることができます。
保険適用価格としては1錠9.60円

当サイトでおすすめしている葉酸サプリに関しては

ベルタ葉酸サプリ:1粒49円
AFC葉酸サプリ:16円

とやはり薬ではないため少々高めの設定になっているのが特徴です。
参考記事→葉酸サプリの価格比較と選ぶポイント

ただし、病院で処方してもらう場合はそれにプラスして診察料が加算される可能性があるため、もう少し割高になるかもしれません。

フォリアミン錠は投与量の調節が難しい

妊婦と女医フォリアミン錠は上記までの内容を見ると何ら問題が無さそうに見えますが、実は一番気を付けたいのが用量です。

ここでチェックしてほしいのが葉酸の1日の推奨摂取量。
フォリアミン錠には1錠に5mgの葉酸が配合されていますが、厚生労働省が妊婦に推奨しているのは1日400㎍で1000㎍を超える摂取は過剰摂取になるとしています。
参考記事→葉酸の1日の推奨摂取量について

1mg=1000㎍のため、フォリアミン1錠をそのまま服用しただけであっという間に過剰摂取になるというわけです。

そのためフォリアミン錠を服用する際は注意が必要で、投与量の調節が難しいと言われています。

葉酸サプリメントは摂取量も配慮されてつくられている

ブランドにもよりますが、葉酸サプリとして販売されている多くのものは1日に必要な400㎍に収まるよう配慮されて開発されています。
例えばベルタ葉酸AFC葉酸は1粒100㎍とされており、1日の目安摂取量は4粒のため、過剰に摂取してしまうことは少ないと言えます。

薬ではなくビタミン剤としては保険適用外

フォリアミン錠は薬としての処方なので通常の薬と同様保険適用になりますが、葉酸を必要する病気ではない時には基本的にビタミン剤としての葉酸が処方されます。
ビタミン剤として処方された場合は保険適用外となり、全額自己負担となります。

提携しているメーカーなどの関係上、どのメーカーを勧められるかは産婦人科やクリニックによって違うかと思いますが、価格としては通販などで購入できる葉酸サプリと変わらない金額になると思われます。

安心して葉酸を摂取するために

ここまで葉酸サプリとフォリアミンについて解説してきましたが、どちらもメリットデメリットがあるため、使用用途によって選ぶことをおすすめします。

葉酸サプリメント:妊活中や妊娠中の栄養補給目的
フォリアミン:病気の治療目的(用法用量は医師から指示を受ける)

特に妊活や妊娠中の摂取は赤ちゃんへ直接影響するため、葉酸サプリは高品質なものを選ぶようにしましょう!

>>葉酸サプリ各メーカーの比較一覧表