葉酸サプリマガジン
> > プロテインに精子を増やす効果があるのか?

プロテインに精子を増やす効果があるのか?

プロテインに精子を増やす効果があるのか?

妊活をしていても、なかなか妊娠ができないという場合は男性も真剣に考えることが大切です。実際に不妊治療における検査では、医師から男性も女性と一緒に行うことを勧められる場合もあります。
そこで噂になっているのが精子の量を増やすためにプロテインがを飲んだ方がいいのではないかということ。精子はタンパク質でできているということから、そのようなことが言われているのです。
そこでここでは本当にプロテインが精子を増やす効果があるのかを調べてみたいと思います。

プロテインによる精子増量の噂

「精子がタンパク質でできているから、プロテインが精子増量に効果がある」
というのは、とても単純な都市伝説的なことのようです。
ただしプロテインが精子カルシニューリンという物質を増やす効果があるということ、そしてプロテインの中にアルギニンという成分が含まれていることから、ある意味まったく関係ないとも言えないところがあるようです。

精子カルシニューリンと精子増量

実は精子カルシニューリンという物質こそ、男性不妊の救世主とも言われているもので、そしてこの精子カルシニューリンを増やすためにはプロテインが良いと言われています。
大阪大学・筑波大学の研究チームによる研究によって、とても興味深い結果が出ているのです。

研究チームのマウス実験によると精子カルシニューリンが正常に生成されるマウスと、生成できないマウスの精子の違いに注目。
その違いを調べたところ生成しないマウスの精子は、精子の尾が十分に曲がらず卵子を包む膜を通過することができませんでした

精子の尾が曲がらないということは、早く泳ぐこともできず受精はできないと言えるのです。
この研究チームでは、不妊症のメカニズムの解明にとっておおいに有効であるということ。マウスだけでなく人間にも同じようなことが言える可能性があると指摘したのです。

先生この精子カルシニューリンはタンパク質の一種であり、プロテインを摂取することで精子カルシニューリンを増やすことにつながるのではないかという研究を発表しています。
もちろん精子カルシニューリンを増やすことはプロテイン摂取だけでなく、他にもいろいろな方法があるようですが、まだまだ解明に至っていないと言われているのです。

アルギニンと精子増量

アルギニンは天然に存在しているアミノ酸の1つですが、このアルギニンは成長ホルモンの分泌促進に高い効果があると言われています。
成長ホルモンとはさまざまなホルモンの種類の中でも、細胞分裂にかかわるホルモンです。
毎日できている癌細胞なども毎日の修復・破壊・分裂などが止まることなく行われているため、わたしたちは癌にならずに健康でいられるのです。

そのため癌患者はアルギニンの摂取によって、癌細胞の分裂増加を促進するので禁止されており、細胞分裂が活発になることは、精子増加につながるのです。
男性不妊の場合、精子量と精子の勢いにトラブルがあることがほとんどなので、アルギニンの摂取によって間接的に精子の量を増やすことができるわけです。

先生ちなみに成長ホルモンを活性化したい場合、運動睡眠アルギニンを摂取することの3つしかないと言われています。
もちろんこれらをすべて平均して行うことがベストですが、少なくともアルギニンの摂取はより簡単に成長ホルモンを増やすことができると言えそうです。

プロテインは間接的に効果がある

アルギニンは精力剤やプロテインにも含まれているため、そういう意味から考えるとプロテインが精子増量に間接的に影響があるとも言えます。
しかし、しっかりアルギニンを摂取するためには、プロテインだけに頼らずにマカなどアルギニンの含有量の多いサプリなどを摂取することも考えるべきではないでしょうか。

また、近年は精子を元気にするサプリメントとして葉酸サプリも効果があると注目されています。
今では“葉酸サプリ=女性が飲むもの”ではなく、男性不妊への対策として男性の方が摂取する方が急増しています。
>>男性不妊にもおすすめ!精子を元気にする葉酸サプリ