葉酸サプリマガジン
> > 卵管癒着でも自然妊娠できる?検査や治療法について

卵管癒着でも自然妊娠できる?検査や治療法について

卵管癒着

卵管癒着は不妊の原因にもなるため、検査をして改善する必要があります。
しかし症状があまりないため、なかなか気付かないことも。

卵管癒着の検査や治療、手術、そして不妊との関係などについて詳しく解説します。

卵管癒着とはどんな不妊症か

卵管障害の中の1つですが、卵管障害の中でもとても多いと言われている状態です。
卵管の中に炎症が起こり、免疫栓ができると性感染症などによって、卵管はスムーズに通れない状態になってしまいます。
卵管の中だけでなく卵管の周辺、卵管と卵巣の付近などに起こる場合もあります。

排卵との関係は

卵管癒着卵管は卵巣と子宮をつないでいる器官です。
卵巣から卵子が排出されると、その卵子を卵管がうまくキャッチすることで、卵巣は卵管内に入ります。

そこに精子と受精をし、その後胚分割を行いながら卵管から子宮へと行き着き、子宮粘膜に着床すれば妊娠に成功します。
卵管がスムーズに通れない状態になっていると、これらのことが行えずに自然妊娠はできない状態へとなってしまうのです。

そして卵管癒着は卵管の中だけで起こるのではなく、卵管の周りで起こることもあります。
卵管と卵巣の癒着、卵管采と卵巣の癒着を起こす場合もあるのです。
その中でも卵管と卵巣の癒着が起こってしまうと、排卵のときに卵巣から卵子が排出されたときに、うまく卵管に取り込むことができません
そのため卵子が卵管に侵入できなくなり、当然受精もできなくなってしまいます。

生理不順や生理痛の自覚症状はあるの?

卵管癒着の自覚症状にはおりものが多くなる程度で、特にあまり変わった症状がない場合が多いため、卵管癒着を起こしていることに気づかない女性がほとんどです。

卵管癒着の検査方法

子宮卵管造形検査

子宮卵管造形検査では、現在の卵管の状態、太さ、卵管の中が正常か、卵管付近に癒着がないかなどの検査を行うことが出来ます。
子宮卵管造形検査は月経終了~排卵までの、卵胞期に行わなければなりません。

子宮の中にカテーテルを入れ、造影剤で子宮から卵管を通っていく流れの状態をレントゲンで検査するというものです。

また、この時に造影剤が卵管を通るときに、卵管を広げることによって、軽い癒着ならそのまま改善することもあります。
ただし子宮卵管造形検査だけでは、確実にすべての卵管癒着の有無や位置を把握することは不可能とのこと。
そのため徹底して検査、治療をする場合は腹腔鏡検査を受ける必要があります。

腹腔鏡検査

腹腔鏡検査は全身麻酔をして、おへその下5mm~1cm程度の部分に空けた穴から腹腔鏡カメラを侵入させ、卵管、子宮、卵巣の様子をチェックする検査です。
ほとんどの場合卵管の癒着も、検査をしてすぐにその時点で剥離することができます。

腹腔鏡検査の場合は、数日の入院が必要となりますが、最近は傷口の負担が少ないことから日帰り手術をする病院も増えているのです。
ただし日帰り手術でも、全身麻酔を掛けるので自宅での安静が必須となります。

卵管癒着になった場合自然妊娠できる?

卵管癒着でも自然妊娠できる

卵管癒着であっても、癒着の場所が片方の卵巣にだけ影響がある状態であれば、もう片方の卵管で妊娠することができます

そのため、どうしても自然妊娠がしたいという希望や、手術を受けたくないという人は、そのままでも妊娠の可能性は否定できません。
しかし多くの場合は検査と同時に治療を行うことができるので、癒着を改善することがほとんどです。

片方の卵管でも妊娠の可能性はありますが、確率はグーンと低くなるので、妊娠を真剣に考えている場合はやはり放っておくことはおすすめできません。

体外受精を勧められることもある

夫婦で悩むしかし両方に卵管癒着があり、検査の時点でもなかなか癒着を剥離することができない状態になっている場合は、体外受精をすすめられることもあります。

卵管癒着は改善することができる割合の高い状態のものが多いと言われていますが、やはり癒着不可能という場合もあるのです。
例え片一方が残っていても、片一方が改善の見込みがない場合は、妊娠の確率を高めるために体外受精を勧められます。

卵管癒着の治療法とは

検査と兼ねて治療を行う

卵管癒着の検査は、腹腔鏡検査と子宮卵管造形検査がありますが、検査をしながら癒着の状態によって治療をすることがほとんどです。

子宮卵管造形検査をするとカテーテルを入れて行きますが、この時点でカテーテルを流すことで癒着を剥離させる、FT(卵管鏡下形成術)と呼ばれる卵管鏡による卵管近位部の治療で軽度の癒着は改善します。
また腹腔鏡でしっかり検査しながら、難しい場所の癒着を剥離する治療をしていくこともできるのです。

特に卵管内はFTが効果的ですが、卵管の周りにできている癒着は、腹腔鏡検査と治療を同時に行う方法でなければ難しい場合もあります。
そして腹腔鏡検査、治療と同時にFTを行うとよりくまなく検査でき、治療できると言われています。

手術の費用は?

腹腔鏡検査、治療のみなら約12~15万円程度となります。
またFTによる治療を同時に受ける場合は、両方で約35万円程度となります(3割負担として)。
しかし高額医療補助の対象となるので、8万円以上は後で戻ってくるため最終的にはどちらも8万円になるのです。

卵管癒着になってしまう原因と予防法

卵管癒着の原因はいろいろあります。
例えば何かの病気などで開腹手術をしたことがある場合、それによって卵管の周りの癒着が起こってしまうことがとても多いと言われています。
他にもクラミジア感染症も卵管や腹膜に炎症を起こしやすくなり、それによって卵管癒着が起こることもあるのです。

クラミジアは性感染症の一種で、最近若い人たちの間でも、とても増加しつつある感染症の1つと言われています。
クラミジアは卵管や子宮頸管に炎症を起こし、それによって卵管が細くなってしまうことにより、癒着しやすい状態をつくってしまうのです。
しかしクラミジアの感染症状は卵管癒着と同じように、おりものが増える程度なので、特にクラミジアに感染していることなど気が付かないことがほとんどです。

他にも子宮内膜症が癒着の原因になることもあります。
卵管癒着をそのまま放っておくと、卵管閉塞などにもつながるので注意しなければなりません。
予防は卵管癒着を早期発見治療することが一番ですが、発見しにくいため、原因に心当たりある人や妊活を1年続けても妊娠しない人は、早めに検査することが大切です。