葉酸サプリマガジン
> > 卵巣機能障害は妊娠できる?原因や検査方法について

卵巣機能障害は妊娠できる?原因や検査方法について

卵巣機能障害

卵巣機能障害(卵巣機能不全)とは卵子が生成されない、あるいは生成されにくいといった排卵障害の一つです。
エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌も低下し、生理不順などの原因にもなります。
そんな卵巣機能障害について、その原因や症状、治療法などご紹介しましょう。

卵巣機能障害不全とは

卵巣は女性にとって非常に重要な器官の1つで、特に妊娠とも深く関わっています。
また女性ホルモンを分泌する部分でもあり、卵胞を成長させ排出する器官なのです。

そのために卵巣機能が不完全であると不妊原因となり、女性ホルモンのバランスも崩れ、心身ともにさまざまなトラブルを発症させてしまうことにもつながります。
女性の更年期症状などはまさに加齢による卵巣機能の低下によって起こるもので、当然エストロゲンの分泌も低下し、卵子の産生もストップして閉経を迎えるのです。

しかし特に妊娠を希望することの多い20代~30代の女性の卵巣機能が低下すると、生理不順と不妊ということになってしまいます。

卵巣機能障害の原因

悩んでいる女性のイラスト卵巣機能障害の原因にはいろいろありますが、例えば過度なストレス、過度なダイエットなども最近多い原因と言われています。

また激しい運動が引き金になってしまうこともあり、他にも食生活や生活リズムの乱れなどが原因の場合もあります
つまりホルモンが乱れる原因には、さまざまな原因があると言えるのです。

自律神経が乱れることによりホルモンも乱れ、それが卵巣機能障害を引き起こすこともあります。
また何かの病気によって、一過性で起こっている可能性もありますが、その場合は病気を治すことが大切であり、病気が治れば自然と卵巣機能障害も改善されることがほとんどです。

卵巣機能障害を発症した場合、今後妊娠できるのか?

卵巣機能障害を発症した場合でも、年齢的なものでなければ治療することで妊娠も可能となります。

ただし無月経や無排卵の状態を放っておいた期間が長くなると、子宮内膜の萎縮などが起こり、女性ホルモンがうまく分泌されず、妊娠がなかなか難しくなることも。
そのため卵巣機能障害の可能性を感じたときには、早めに検査をして適切な治療などをしていくことが大切です。

卵巣機能障害の症状(生理と出血の関係、その他)

生理の変化

卵巣機能障害が起こると、生理に変化が起こることが多くなります。
生理が一切こなくなったり、生理不順が起こることも。

また、生理がだらだらと長く続いたり、出血が10日以上の過長月経などが起こることもあります。
他にも生理によるものかはっきりしないような出血が不規則に出る不正出血などがあります。

また、基礎体温のグラフを付けると高温期と低温期の差が少なく二相性になりません。
20代、30代で生理が乱れた場合は、ほとんど卵巣機能の障害が考えられます。

イライラ・不眠・疲労感など様々な症状がある

エストロゲンの分泌が低下すると、ホルモンのコントロール塔である脳内の視床下部からは、卵巣にエストロゲンを分泌するようにという指令をどんどん出します。

その中には卵胞刺激ホルモンを、普段の数十倍~100倍も分泌するのです。
卵巣機能が低下すると、どれだけ脳から指令を受けても指令どおりに機能しないので、ホルモンバランスだけでなく自律神経のバランスまで乱れてしまうため、いろいろな症状が起こります。

  • ちょっとしたことでイライラする
  • 何もやる気にならない、無気力感
  • 何となく体が重い
  • 疲れを感じる
  • いつもブルーな気分
  • 何ごとにも不安や恐怖を感じる
  • 頭痛や耳鳴りがする
  • 質の高い睡眠がとれずに朝すっきりしない
  • うつ病的な症状がある

などさまざまな症状が起こります。

卵巣機能障害の検査方法

AMH検査

卵巣内に存在している卵子の残りの数を推定する検査です。
AMHとは、抗ミュラー管ホルモンと言い、卵胞の生育をコントロールしますが、AMH検査では高い数値が出ると発育卵胞の数が多いことを示します。

そのため更年期や、若くても卵巣機能障害の女性は、この数値がとても低くなるわけです。
卵胞ホルモンや黄体ホルモンのように、生理によってバランスが変わるものではないので、いつでもAMH検査はできます。

FSH検査

卵巣刺激ホルモンの値をチェックする検査です。
加齢や卵巣機能障害により、卵巣では卵子が産生できなくなります。
脳から出るFSHホルモンは多く出るほど、卵巣の反応が悪いと考えられるのです。

E2(エストラジオ-ル)検査

エストラジオールとは卵胞ホルモン(エストロゲン)の1つで、卵胞ホルモンの分泌をチェックする検査です。
生理から3~7日目までの間に行うようになります。

この検査の場合はエストラジオールの数値が少ないと、卵胞ホルモン分泌が少ないということになるのです。

超音波検査

卵巣の中の状態を超音波でチェックするものです。
卵子になるための原始卵胞は毎日たくさん発生していますが、そこから卵子になるのは1月にたった1個です。
多くの卵子の中で優秀で強い卵胞がいくつかあり、最終的にはその中の1個だけが排卵します。

そこで排卵することができる可能性のある卵胞の数量チェックが超音波によってできるのです。
それが胞状卵胞数の超音波検査なのです。

インヒビンB値検査

インヒビンBは、卵巣刺激ホルモンを抑える働きのあるホルモンです。
つまり卵胞の発育が始まると、卵巣刺激ホルモンを抑えるためにインヒビンBホルモンが分泌されます。

逆に排卵後には、また次の排卵のために卵巣刺激ホルモンが必要になるため、それを抑えるインヒビンBホルモンは少なくなります。

プロラクチン値の検査

プロラクチンは授乳期間に多く出て、次の妊娠がまだできないようにストップを掛けてしまうホルモンで、妊活中にこのホルモンが出てしまうと不妊になってしまいます。
卵巣機能の障害と深く関わっていて、場合によっては高プロラクチン血症が疑われます。

卵巣機能障害の治療法

卵巣卵巣機能障害を治療するには、まずその原因をチェックする必要があります。
卵巣機能障害があると検査で分かったら、次には何が原因なのかをホルモン負荷検査をしていきます。

また過度なダイエットをしていないか、過度なストレスなどを抱えていないか。
生活習慣や食生活などに問題がないかなどもチェックしていきます。
内服薬や貼剤、ジェル剤などのさまざまなタイプの、その人にあったホルモン治療をしていくことになります。

卵巣を刺激して卵胞成長を促す排卵誘発剤などを使用することもあります。
また卵巣機能が低下していると、エストロゲンの不足から骨粗鬆症のリスクも高くなるため、同時こちらの骨粗鬆症の治療を行う場合も。

卵巣機能障害の治療には入院が必要なのか

卵巣機能障害の場合、検査や治療のみであれば入院は必要ありません

しかし検査の結果、卵巣癌や卵巣嚢腫など手術の必要な病気による卵巣機能低下であれば、手術のときには入院も必要になります。
このような病気の場合はホルモン治療より、病気の原因を治療することが先決です。

卵巣機能の障害を伴う病気

生理不順、不正出血などによって卵巣機能障害の検査を受けたところ、他に病気が見つかったという場合もあるのです。
卵巣腫瘍の場合は悪性の卵巣癌と良性の腫瘍があり、どちらも卵巣機能が低下します。

卵巣の内部に子宮内膜と似た組織ができてしまう、卵巣チョコレート嚢胞の場合は初期症状がなく、生理不順で病院に行って発見されたということも多いとも言われている病気です。

大腸菌やブドウ球菌、レンサ球菌などの細菌やクラミジアが原因と言われている、卵管炎症と卵巣炎症が同時に起こることが多い子宮付属器炎も、卵巣機能の低下が見られます。
卵巣の中の卵胞の発育が遅れたり、ある程度の大きさまで成長しても排卵されないという病気で、月経不順や不妊の原因となります。

ホルモンバランスを整えるビタミンEを摂取しよう

こうした症状を予防・改善するためにも普段からホルモンバランスを整える働きがあるビタミンEを補うことをおすすめします。

ビタミンEは黄体ホルモンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整える働きをします。排卵の安定につながるため、生理不順の方などにも重要な栄養素です。
また、高い抗酸化作用もあるため卵巣機能の老化予防にも効果が期待できます。

葉酸サプリなどの妊活サプリにもビタミンEが配合されているものも多いため、サプリを上手く利用してビタミンEを積極的に摂取していきましょう。