葉酸サプリマガジン
> > 冷え性は不妊の原因に!血行を良くして妊娠力を上げよう

冷え性は不妊の原因に!血行を良くして妊娠力を上げよう

冷え性は不妊の原因に!血行を良くして妊娠力を上げよう

不妊で悩んでいる人は様々原因が考えられそれぞれ改善が必要になりますが、その1つに冷え性が挙げられます。
基礎体温が関わっている通り冷え性を改善することで妊娠力をアップさせることができる上、冷え性の改善は健康や美容にも良い影響が期待できるため、特に女性であれば意識して改善したい部分ではあります。

不妊と冷え性の関係とは

産婦人科やクリニックの発表によると、不妊で悩む方の多くは貧血体質であり、冷え体質であることが多いようです。
妊娠力を上げるには健康的なカラダを保つ必要があるため、血行不良の症状である冷え性は授かりにくいカラダを招いていると言えます。

冷え性は頭が痛いとか腰が痛いといった症状が出るわけではありません。
いつも体の芯が冷えている感覚があったり、手足の先が冷えやすい程度で自覚症状があまりないと言われています。
気づくことは少ないですが、そういった方は夏場でも手足が冷たかったりします。

しかし症状がないわりに、血行不良によって妊娠しにくい体質になっている場合がとても多いのです。
例えば血液の流れが悪くなると卵巣や子宮などに血液が届かず、栄養や酸素不足そしてホルモン不足にまでつながっていきます。

生殖器に血流が悪化すると卵巣機能、黄体機能、着床機能などが低下し、その影響によって排卵障害、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、生理不順、生理痛などの症状が起きて来るため不妊の原因になります。
そのため、不妊改善には冷え性を改善することがとても重要なのです。

また、女性だけでなく男性も下半身の血行不良による精巣機能への影響が心配されます。

低体温の人も注意が必要

健康的な人の平均通常体温は36.5度と言われていますが、この通常の体温が36度未満の低体温の人が女性を中心に増えています。
低体温の人も冷え体質の人と同じで、新陳代謝も悪く、免疫力も低下して体調を崩しやすい傾向があり、体温が極端に低い場合は低体温症という病気でもあります。

もちろん、低体温の人は妊娠力も通常の人よりも低いことが多いため、気になる方は病院などで一度検査を受診されることをおすすめします。

カラダに出る冷えのサイン

顔に出る冷えのサイン 目の下のクマ、鼻の頭の赤み、唇の色、歯茎の色素沈着、赤ら顔
上半身に出る冷えのサイン 手や指先の冷たさ、頭痛、耳鳴り、肩こり
下半身に出る冷えのサイン 腹部、腰、足の冷たさ、腰痛、脚のむくみ、下痢
全身に出る冷えのサイン 寝冷え、めまい、動悸、息切れ、生理痛、頻尿、覚えのない青あざ

食事による冷え性改善

食事は栄養のバランスのとれたものをしっかり食べるということは基本となります。
ダイエットなどをして栄養不足になってしまうと血流が悪くなるため冷え性は改善されません。

特に血行を良くするビタミン、ミネラル、タンパク質、さらには造血作用のある葉酸は欠かせないものとなります。
これらは葉酸サプリなどで一度に補うことができるため、是非おすすめです。

>>不妊症の治療・改善としても葉酸サプリは効果的

その上で緑黄野菜や根菜などを意識的に摂りましょう。
野菜もサラダで食べるより温野菜で温かくして食べることをおすすめします。温野菜なら根菜もたくさん摂ることができる方も多いようです。

また、ショウガは特に体を温める効果があるのでいろいろなメニューに擦ったショウガを付けたり、煮物にも入れたりするといいでしょう。

一休みしたいときなどは温かい紅茶などに擦ったショウガを入れると体がとても温まります。
基本的に飲み物もできるだけ温かいものにし、アイスコーヒーやアイスティーなど冷たいものは避けます。甘い物(糖分)の摂りすぎも冷え性につながるので注意しましょう。

運動も冷え性対策に大切

ストレッチする女性

冷え性は基本的に代謝を高めることが大切です。
そのためには毎日適度な運動が重要になります。毎日適度な運動をするだけで、リンパの流れが良くなり内臓の働きも活性化され、代謝の高い体質に変化していきます。

運動があまり好きでない人はウォーキングやストレッチだけでも毎日続けることが大切です。
冬場の寒い時期の運動は手袋などをすることによって熱を外へ逃がさないようにすることで暖まりやすくします。

冷え性によって血流が滞るだけでなく、逆に血流が滞ることで冷え性が起こるということにもなります。
そのため、血流の滞りをしっかり取ってやるためにも、コリのあるところを集中的にストレッチすることも効果があります。基本的には全身運動をするようにしましょう。

睡眠不足も冷え性の原因に

冷え性は代謝が落ちているため代謝を高めるためにも運動が必要ですが、それだけでなく睡眠時間もしっかり取ることが重要になります。
しっかりした睡眠を取ることで代謝やホルモンの分泌が活発になります。

睡眠不足は逆に代謝を落とし、ホルモン分泌も衰退していくという不妊に陥る原因にもなってしまいます。
ビタミンB6をはじめとしたビタミンB群には精神を安定させる働きがあるため、サプリメントや食事で積極的に補うようにしましょう。

他にも漢方薬やツボ押し、お灸なども意識すると緩やかな効果があります。
しかし生活習慣を変えずにこれらに頼ってもなかなか結果は出ません。基本はやはり生活習慣、食生活の改善となります。

>>妊活夫婦必見!妊娠力を上げる栄養素