葉酸サプリマガジン
> > 子宮筋腫が妊娠に与える影響とは?症状や治療法について

子宮筋腫が妊娠に与える影響とは?症状や治療法について

子宮筋腫

子宮筋腫は着床障害の1つで不妊の原因にもなります。
年齢的には30代からが多くなり、放っておくと大きくなって、癌化する恐れもあるので注意が必要です。
生理の出血量が急に多くなったり生理痛で悩んでいる人は、意外と子宮筋腫の可能性があるかも知れません。

特に妊娠を希望している人は、妊娠しやすくするためにも子宮筋腫を改善するための治療が必要です。
では子宮筋腫の症状や原因、治療法などについてご紹介しましょう。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫ができても、筋腫のできる場所や大きさによって症状は違ってきます。
特に大きさはある程度の状態で成長が止まったり、また数年して急に大きくなることもあるのです。

生理出血量の増加や貧血

生理・出血代表的な症状と言えば、やはり生理出血量の増加ですが、生理痛も個人差によって差があり、ひどい場合は生理直前から生理初期にひどく苦しむこともあります。
筋腫の場所によって症状は違ってきますが、症状が強く出にくいのは子宮壁にできた筋腫や、子宮の外側にできた筋腫の場合と言えそうです。

また、子宮の外側にコブができる、しょう膜下筋腫の場合は激痛が突然襲ってくることがあるので救急車騒ぎになることも。
子宮筋腫は全体的に生理出血が増えると言われていますが、特に増加したときには貧血が起こることもあり、生理の出血がレバーのように固まってしまうことが多くなります。
このように出血の増加する場合の多くは、子宮の粘膜下にできる粘膜下筋腫の可能性が高いと言われています。

頻尿症状

また筋腫が大きくなると膀胱を圧迫することもあり、すぐにおしっこがしたくなって膀胱炎と間違える場合もあります。
子宮筋腫の大きさはサクランボぐらいのものがたくさんできるタイプや、ゲンコツぐらい大きさや、それ以上のソフトボール程度になることもあります。

放っておいてもすぐにどうなることもないので、症状が特に我慢できる程度ならそのままにしてしまう女性も多いようです。
しかし妊娠を希望している場合は、きちんと治療をすべきだと言われています。

流産や早産になる可能性も

流産や早産になる原因の1つにも子宮筋腫が考えられています。
妊娠中に子宮筋腫が発見された場合、約5%で早産、約9%で流産になるというデータがあります。

数字的にはそこまで高くはない数字ですが、妊娠を考えている人にとっては気を付けておきたい症状の1つです。

子宮筋腫になる原因

卵巣子宮筋腫の原因は、いまだにはっきり分かっていません。
しかし遺伝の可能性もあると言われています。

特に家族に子宮筋腫の人がいる場合、発病する可能性が高いとのこと。
それと子宮筋腫の成長には、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関係していることも分かっています。
そのため閉経が数年後に訪れる年齢の女性の場合は、子宮筋腫があっても手術をせず様子を見るという診断が下ることがほとんどです。

エストロゲンの分泌が低下すれば、筋腫もだんだん小さくなっていくからなのです。

ストレスによってホルモンバランスを崩す

またエストロゲンが異常に多く分泌されてしまう理由として、ストレスなども挙げられています。

ストレスによって自律神経のバランスを崩すことで、連動しているホルモンのバランスを崩してしまい、筋腫が成長してしまうこともあると考えられているのです。

もちろんストレスは誰でも抱えていることなので、そこに遺伝因子を持っているなどの条件が重なったときに発症するのではないかと考えられています。
肉親の死など大きなストレスによって、急激に筋腫が大きくなることなどもあるのです。

親が子宮筋腫だった場合遺伝するのか?

上でもご紹介したとおり、家族に子宮筋腫の人がいる場合、発症する率が高いことから遺伝もあるのではないかと考えられています。

しかし40歳をすぎた女性の20~30%には、子宮筋腫があるとも言われるほど多い病気なので、遺伝の可能性といっても、特別な人だけが因子を持っていというものではないようです。
あくまでも可能性として遺伝もあると考えられています。

子宮筋腫の検査方法

女医と患者子宮筋腫の検査は内診で子宮全体の大きさなどをチェックし、触診をしてコブの炎症があるかなど確認します。
そして超音波検査によって筋腫の大きさや癒着などをチェック

また細胞診による癌検査や、子宮腺筋症か子宮筋腫か分かりにくい場合には、画像が鮮明なMRIで画像を使って診断することもあります。
筋腫が異常に大きい場合は、経腹超音波によって腹壁に超音波を当てる検査が行われることも。
子宮内腔の状態を確認のためには、子宮鏡検査が行われます。

直径3ミリほどのカメラを子宮の中に入れて、粘膜下筋腫の有無や筋層内筋腫のチェックをすることも。
また子宮卵管造影は、粘膜下筋腫の状態や卵管通過性のチェックをします。

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫は悪性の癌とは違うので、毎日の生活にどのような支障があるかによって治療も変わってきます
体調が悪くなり、下腹部の痛みや張りがひどい場合で、妊娠の必要がない年齢の場合は子宮から摘出してしまう手術が行われます。

また毎日の生活に支障がある場合で、妊娠を望む女性には筋腫のみ切り取る手術を行います。
しかし、手術するほど大きくない場合や、生活にも支障がない場合は薬物治療で筋腫を小さくするという治療が行われます。

近年は腹腔鏡手術で切り取ることのできる技術を持った医師が増えたことや、保険適用になったこともあり、多くの病院で筋腫切り取り手術や子宮そのものを切り取る手術を腹腔鏡手術で行うようになりました。
筋腫が大きい場合は、腹腔鏡手術をする前に数ヶ月間薬物治療で筋腫を小さくしてから行うこともあります。

偽閉経療法

薬物治療の一種で偽閉経療法というものがあります。
つまりエストロゲンの分泌を減らして、体に閉経と勘違いを起こさせるという方法です。

ホルモン治療によって、閉経したような状態になるので生理が止まります。
もちろん妊娠を希望している場合はできません。
点鼻薬を毎日吸う方法や、月に一回注射をする方法があります。

ただしこの方法は、更年期を作り出すことになるので更年期症状が出ることもあるのです。
この方法なら半年程度で半分ぐらいに筋腫が小さくなるので、一時的に小さくしておき数年後に閉経を待つという方法で、40歳以上の女性が行う方法です。

手術の費用や入院期間は?

手術の方法はいろいろありますが、まず単純子宮全摘術についてのご紹介です。
子宮頸部から近いところで靱帯を切り、子宮をそのまま取り除く方法です。

子宮筋腫から悪性筋腫、つまり癌化は心配されるところですが、子宮を摘出してしまうため癌化の不安はなくなりますが妊娠はできなくなります。
開腹手術、膣式手術、腹腔鏡下手術の3つの方法があります。

手術の方法 費用 入院期間
開腹手術 20~25万円 1~2週間程度
膣式手術 20万円前後 5~8日程度
腹腔鏡下手術 20~25万円 5~8日程度

次に子宮を温存して筋腫のみを切り取る筋腫核出術のご紹介です。
この手術は子宮を温存しておき、術後妊娠可能な方法となります。

手術の方法 費用 入院期間
腹腔鏡手術 20~25万円 5~8日程度
開腹手術 20~25万円 1~2週間程度

手術後に妊娠できる?

妊婦のイラスト子宮筋腫ができた場合、医師はその大きさによって手術にするか、薬物治療にするか判断します。
妊娠を希望している場合は子宮を温存しておき、筋腫の部分だけ切り取る手術をするため、妊娠する可能性は手術前より高くなります

しかし人それぞれ子宮筋腫の大きさも違うので医師との相談となり、いちがいに言い切れない部分があります。

まずは医師に妊娠の希望を伝えることが大切です。
医師にその希望がきちんと伝わっていないと、誤解が生まれてしまうこともあります。
医師はで妊娠したいということが分かれば、一番ベストな方法を選んで紹介してくれるはずです。

子宮筋腫がひどい場合は妊娠しにくくなり、妊娠しても流産や早産のリスクが高くなります
そのため医師と相談し子宮筋腫はきちんと治療して妊娠しやすくすることが大切です。

子宮筋腫の予防や再発を防ぐことが大切

子宮全摘手術をした場合再発の確率は0%ですが、全摘出でない場合は約20%の確率で再発すると言われています。
子宮筋腫の明確な予防法はないのですが、月経の状態を安定させることが予防法の1つだとも言われています。

生活習慣における栄養バランスなどを整え、ホルモンバランスを乱さないようにしていきましょう。