葉酸サプリマガジン
> > 妊娠線の原因と出やすい人と出にくい人の違いとは?

妊娠線の原因と出やすい人と出にくい人の違いとは?

妊娠線の原因と出やすい人と出にくい人の違いとは?

妊娠してお腹が大きくなってくると、いわゆる妊娠線が目立つようになってきます。
またバストも大きくなるにつれ同じように妊娠線が出てきます。もちろん妊娠線と言っても妊娠が原因ではなく、急激に太ったときにも出てくる場合もあります。

同じ条件でも妊娠線は出やすい人と出にくい人がいるとも言われていますが、予防や改善のためにもまずは妊娠線のメカニズムを考えてみましょう。

妊娠線の原因

主に妊娠線が出来てしまうと言われている原因は以下の通りです。

皮膚の伸び率の影響

妊娠すると急激に皮膚が伸びる状態になります。
妊娠中は体重全体が増えていきますが、特にヒップ、バスト、お腹が大きくなります。
また、人によっては全体に肥満化が進み、二の腕なども太くなる場合なども。このように時間を掛けてじわじわと皮膚が広がるのではなく、数カ月の間に急激に大きくなっていく部分の皮膚は相当伸び率が高くなります。

しかし皮膚の自然な伸び率はそんなに高くないため、きれいに伸びていくことができません。
皮膚の下にある真皮や皮下組織の一部として存在しているコラーゲンそして弾性線維がその伸びに伴わず、ところどころに断裂が起こってしまいます。
それによって赤紫の雷光のような線が現われてくるわけです。これは妊娠だけでなく、急激に体重が増えてときにも同じことが言えます。

ステロイドホルモンの影響

妊娠中はコルチコステロイドというステロイドホルモンの分泌が増えてきます。
このホルモンは皮膚の弾力を低下させてしまう作用があります。
健全な皮膚の場合ターンオーバー、つまり皮膚細胞の代謝によって皮膚は再生を繰り返していますが、コルチコステロイドが増加することで肌のターンオーバーが抑えられてしまいます。
それに従ってコラーゲンの生成も減少してしまい弾力が失われていくのです。

それは更年期になって女性ホルモンの一つ、エストロゲンが急激に減少することで起こる肌荒れ・シワ・たるみ・の原因となる弾力低下と同じと言われています。
妊娠すると今までエストロゲンとプロゲステロンが交互に優位になりながら生理というメカニズムを作り上げていました。

しかし妊娠すると同時にプロゲステロン優位のままとなるため、どうしてもエストロゲン不足の更年期と同じ肌の潤いや弾力の低下が起こります。
つまり更年期の女性も急に太ると、妊娠線ができやすい状態と言えるのです。

妊娠線の出やすい人、出にくい人

肥満気味で皮下脂肪が厚い人

妊娠線妊娠線の出やすい人は、妊娠中に急激に体重を増やしすぎてしまった場合が一つ考えられます。皮下脂肪は弾力性がないので引っ張られると伸びることができません。

もちろんヒップやお腹、バストは当然大きくなるわけですが、必要異常に太ってしまうと他の部分にも妊娠線が出やすくなると言えます。
妊娠中毒症などのトラブルを回避するためにも、あまり体重を増やし過ぎないことも大切です。

そしてコルチコステロイドの増加も個人差があるので、いちがいに妊婦は同じ状態になるとは限りません。
もともとコラーゲンの多いしっとりした肌の人の方が、いつもコラーゲン不足でカサカサ肌の人より、その影響は小さくて済むということも考えられます。

双胎以上多胎妊娠の人

双子、三つ子などのお腹が入っている人。子宮も大きくなるのでお腹も出てしまいます。

経妊婦の人

既に何度か出産を経験している人は子宮が伸びやすく、お腹が出てきやすいです。
また一説によると末っ子の赤ちゃんの方が大きく生まれて来るとも言われています。

小柄な人

もともと小柄な人は骨盤も小さく、赤ちゃんの大きさでお腹が前に出てしまいます。
そのため、身長が大きい人に比べると妊娠線ができやすい傾向があるようです。

乾燥肌で血行の悪い人

血行が悪い人は新陳代謝が悪く、乾燥肌になりやすいです。
肌が乾燥してしまうと真皮の柔軟性を失わせ、亀裂ができやすくなってしまいます。

妊婦の年齢によっても差がある

また、妊婦の年齢にも差がでます。10代の妊婦の皮膚と30代の妊婦の皮膚では、もともとの柔軟性や伸び率も大きく違います。

妊娠中の栄養の状態によっても違ってくるとも言われています。特に妊娠中はつわりなどのために、栄養が十分取りにくい場合もあります。
その上、胎児に優先的に必要な栄養素が回るようになるので、女性は普段より栄養不足になるわけです。
そして毎日のお肌のケアによっても大きく個人差が出ると言われています。

例えば手の甲でも水仕事でガサガサになってしまっていても、ハンドクリームなどでケアしている人とケアしていない人との差は歴然です。
妊娠中の皮膚ケアもしている人はやはり妊娠線にも違いがでることでしょう。

妊娠線予防には早めのケアが大事

残念ながら妊娠線は一度できてしまうと二度と消えることはないと言われています。
個人差があるため時間と共に妊娠線が目立たなくなる人はいますが、多くの人には残ってしまっています。
そこで妊娠線予防は妊娠線ができてしまう前に妊娠線予防クリームなどでお腹などできやすい部位をケアして、妊娠線が出来ないようにすることが大切なのです。

予防のポイントは保湿すること。
肌が乾燥することで弾力性や伸縮性が失われるため、まずは肌を保湿して亀裂を未然に防ぎ、妊娠線をつくらないことが1番良いです。

関連記事:妊娠線予防クリームはいつから塗ればいい?